トップ写真 ゆんフリー写真素材集
Contents menu
Google Search
Google
Web サイト内
関連記事リスト

【坐禅作法57】じっくり効かせる望景内3

ちょっとはマシな坐禅作法 じっくり効かせる望景内3〜結跏趺坐へのストレッチ 10〜

Presented by

〜結跏趺坐へのストレッチ 10〜


チベット体操・第五の儀式

気道のパーツ同士をつなげるにはどうすればいいのか?

それを自分のオツムで考えるのが望景内である。
肉体の不随意筋の状態は人それぞれ違っているからだ。ゆえに、
ここで図示されているお手本をそっくりマネることが最善とは限らない。

これはヨーガのアーサナにしても同じこと。それはちょっとしたパズルなのだ。

気道のパーツの軸ずれ図3

気道のパーツをつなげるにはどうすればいいのか?
ヨーガは簡単なパズルだ。

図:布施仁悟(著作権フリー)


たとえば首の気道のパーツ同士をつなげたければ首を前に倒せばいい。
パーツ同士をつなげたところで今度は首を後ろに倒して筋肉を伸ばす。
チベット体操の各運動はこの動作を21回繰り返すのである。

それでは練習問題だ。

腰の気道のパーツ同士をつなげるにはどうしたらいいのか?

最も効果的な方法をボクらはすでに知っている。

簡易望景内8…本型(for Beginner)

そのまま図のごとし。

図:布施仁悟(著作権フリー)


腰から前屈した「簡易望景内8…本型(for Beginner)」がそれである。

この型で腰のパーツ同士をつなげたところで上体を起こすということを繰り返すと、
『チベット体操・第六の儀式』となる。そこに呼吸法を合わせるとかなりキワどい。
そんな『第六の儀式』は刺激の強い行法なので安易な紹介は避けておこう。

似たようなところでチベット体操・第五の儀式もあることだし。

じっくり効かせる望景内6
チベット体操・第五の儀式図


1.両手、両足を肩幅くらいの間隔で開ける。

2.腰を中心とした逆V字を描くように腰を持ち上げる。

3.顎(アゴ)を引いて、できるだけ胸につけるようにする。

4.足裏は床につけて浮かさない。


5.背中をそらして上半身を起こし、頭をできるかぎり後ろに反らす。

6.後傾して寝ている骨盤をグイグイ前傾させるイメージで反る。

7.体操の一連の動作は両腕両足ともに真っ直ぐに伸ばしたまま行う。

図:布施仁悟(著作権フリー)


腰の気道のパーツ同士をつなげるなら『チベット体操・第五の儀式』もある。
5つしかないチベット体操の仕上げの動作にあたるのだけれど、
それは最も上体を反ることになるからだとボクは思う。

反った状態で後傾している骨盤をグイグイ前傾させると効果抜群なのだ。
ただ、いくらか身体が温まっていないと効果は半減することになるため、
できるだけ後半に持ってくる方が望ましい。

当然、骨盤は左右どちらかに傾いているものだから、
左右差を解消するためにもヨーガのアーサナを併用するといいだろう。

ハヌマーン


猿王のポーズ簡易版。

左腕で右腿(もも)を掴んで身体を捻るとなおよい。その場合のポイントは右脇腹。

図:布施仁悟(著作権フリー) 参考:『ハタ・ヨーガ完全版』


このアーサナで脇腹にある固い不随意筋にアプローチするといい。

このアーサナに続けてさらに脇腹にアタックしよう。
その場合には『アルダ・マッツェーンドラ』が最適である。

アルダ・マッツェーンドラ


1.両脚を前に伸ばして座る。

2.右ひざを立てて、左脚の外側におく。

3.左脚を内側に折り曲げて、左足の踵(かかと)を右腰にもっていく。

4.立てた右ひざの外側に左腕を当て、ひじで押すようにする。

5.左手で左ひざをつかむ。余裕がでてきたら右足首や右足先をつかむ。

6.顔は右横に向ける。

図:布施仁悟(著作権フリー) 参考:『ハタ・ヨーガ完全版』


このアーサナのポイントは片尻を上げて顔を横に向けることにある。
その心は気道のパーツの軸ずれ図を参考にするとわかってくるはずだ。

いかにも、これは応用問題なのだよ、禅者諸君!

『アルダ・マッツェーンドラ攻略法』


気道のパーツをつなげるにはどうすればいいのか?

それは簡単なパズルだ。

これがアルダ・マッツェーンドラ攻略法!

図:布施仁悟(著作権フリー)


肩の気道のパーツは骨盤の傾きと同じ方向に傾いている。
そのため肩の気道のパーツはタテに走らず水平になっているものだから、
これを何とかグイッと起こしてタテ方向に修正したいわけである。

そこで『アルダ・マッツェーンドラ』を考案したヨーガ行者は考えた。
ゝ咾鬟ロスして気持ちお尻を上げ気味にしながら脇腹の気道をつなげる。
△修譴ら顔を横に向けて肩の気道のパーツ同士をつなげればいいじゃん。

ヨーガのアーサナというものは無数にあるようだけれど、
こんなノリでつくったものだから、たぶん、どうでもいいのも多数あると思う…。

しかし、これはホンモノだ。真向法・第三体操である。

矢印マーク 『5つのチベット体操-若さの泉・決定版』

チベット体操は人生の基本です。
5つまるごと望景内の構成要素。

矢印マーク 『ハタ・ヨーガ完全版』

P.36-37の入門編「腕の運動機Ν供Ν掘
P.78のひねり系統7「ジャタラパリヴァルタナ」
P.103の前屈系統20「ハヌマーン」
これらは日々のストレッチに是非とも取り入れたい。
簡潔に書かれた解説はストレッチのコツの宝庫だ。
やっぱヨーガでしょ。

赤雲水

真向法・第三体操

黒雲水
じっくり効かせる望景内7
真向法・第三体操図

いわゆる股割り。

左右の足を掴む前屈を交互にやってからすると、なおよい。

図:布施仁悟(著作権フリー) 参考:『決定版 真向法―3分間4つの体操で生涯健康』


これは、できる人はできるし、できない人はできない。
もはや問答無用だろう。いわゆる“股(また)割り”である。
ただし、できなくてもいいから、とにかく最も時間をかけて取り組んで欲しい。

何はともあれ身体の硬さをごまかさずに腰から倒すことが肝心だ。
そして、真向勝負でジッと待つ。ウンウン唸りながら待ってもいい。
そのうち、ゆっくりと股関節がひらいてくるはずである。

では、ここでひとつ。股割りの効果をあげるアーサナを紹介しておこう。

トリアンガムカ・エーカパーダ・パシュチモーッターナ


1.両脚を前に伸ばして座る。

2.左脚を外側に折り曲げ、股関節をひらく。

3.右脚は真っ直ぐに伸ばし、両手で右足先をつかむ。

4.顔を上に向けて背中を伸ばす。

図:布施仁悟(著作権フリー) 参考:『ハタ・ヨーガ完全版』


舌をかみそうな名前のアーサナだけれど、要するに「片足前屈のポーズ」である。

これは多くの人において左右のどちらかに得手不得手の別が生じるだろう。
そのとき苦手なケースにおいて伸ばしている脚の側に骨盤は後傾している。
したがってその弱点を補うように望景内を組み立てればよいのだ。

たとえば上図のケースが苦手なら骨盤は右後方に傾いているから、
そんな人は左前方に骨盤を立てるように望景内を組み立てればよい。
これはそうした判断にも役立つ便利なアーサナなのである。

このアーサナで左右差を修正したうえで股割りに移行するといいだろう。
でも、できれば、これくらいは余裕でできるようになりたいものだよね。

(2013.04)

矢印マーク 『決定版 真向法―3分間4つの体操で生涯健康』

真向法はストレッチの王道です。
4つまるごと望景内の構成要素。
筋トレの要素をそぎ落とし、
衝脈をダイレクトに刺激する。

体軸の支線
図・布施仁悟(著作権フリー)
肴はとくにこだわらず厳選情報

HPランキング参加中!

凡人たちにも本物のスピリチュアルを!

ワンクリック運動に参加しませんか?

ブッダの瞑想法―ヴィパッサナー瞑想の理論と実践

坐禅入門の決定版!

心の欠陥を克服する唯一最善の方法は坐禅・瞑想を実践することです。そして、この本以上の坐禅・瞑想の入門書を私は知りません。

聖書―旧約・新約

伝道の情熱を読みとれる貴重な一冊

イタリア人神父が丁寧に日本語訳した聖書。聖書は坐禅修行にも必ず役立つ。かりそめにも軽んじてはならない。

ブッダの真理のことば・感興のことば

こなれた現代語で読める法句経

私の仏教に対する誤解は この本で初めて解けました。

白隠禅師―健康法と逸話

坐禅と気の関係を明かした本

内観の秘法と軟酥の法は坐禅の基本。白隠禅師の『夜船閑話』と『遠羅天釜』で ちょっとはマシな坐禅をしよう。

5つのチベット体操-若さの泉・決定版

これはエクササイズの革命だ!

たった5つの体操を毎日続けるだけで体調は良くなるわ、痩せるわで驚きの効果が・・・!?食事に関するアドバイスも実に簡潔で的を得たもの。これはエクササイズの革命だ!

決定版 真向法

チベット体操と併せてどうぞ。

たった4つの体操を毎日続けるだけで怪我を予防するための柔軟な筋肉を作れます。チベット体操と併せてどうぞ。

魂をゆさぶる禅の名言

何にもならない坐禅はやめよう!

坐禅は単なる心の慰めではありません。坐禅を人生に役立てるための智慧がここにあります。救いのある仏教の入門書。