トップ写真 ゆんフリー写真素材集
Contents menu
Google Search
Google
Web サイト内
関連記事リスト

【坐禅作法56】じっくり効かせる望景内2

ちょっとはマシな坐禅作法 じっくり効かせる望景内2〜結跏趺坐へのストレッチ 9〜

Presented by

〜結跏趺坐へのストレッチ 9〜


真向法・第二体操

さて、お次も真向法。第二体操である。

それはいわゆる“前屈”で脚裏の筋肉を伸ばす体操と説明されているけれど、
もちろん、ちょっと違う。別に真向法協会に喧嘩を売るつもりはないから、
ここは敬意を表して真向否定するのが礼儀だろう。

違うものは違うのだ。

じっくり効かせる望景内4
真向法・第二体操図

1.両脚を揃えて前に投げ出し、できるだけ腰を立てるよう座る。

2.足首を立てる。

3.上体を前傾し両手で足の裏をつかむ。

4.背筋を伸ばしたまま、ゆっくりと前傾する。

5.前傾にあたっては膝を浮かしてはならない。限界点でしばらく姿勢をキープすることを続けていれば、そのうち出来るようになる。

図:布施仁悟(著作権フリー)


肩における気道のパーツの“軸ずれ”は骨盤の傾きと連動しているのだけれど、
その現象は膝と足首においても同様にみられる。
すなわち、膝と足首を走る気道のパーツも骨盤と同じ方向に傾いているのだ。

気道のパーツの軸ずれ図2

身体前面を走る不動軸の脚部における軸ずれ。

膝と足首の様子から推測すると、このモデルさんの場合はこんな感じ。

姿勢を見れば凡人かどうかは一発でわかるからね。筋肉を鍛えようと化粧をしようとゴマカシはきかないよ。

図:布施仁悟(著作権フリー)


上図では不動軸の脚部における軸ずれを描いてみた。

つまり軸ずれは脚裏の仁王軸だけではなく表側の不動軸側でも起きている。
そのため“前屈”というのは脚の表裏の軸ずれを解消するものであって、
決して脚裏の筋肉だけをストレッチするためのものではないのである。

また気は頭部の中心点から身体を脚部に向かって流れてくるから、
不随意筋の解消も上から下に向かってなされてゆく。
ゆえに膝と足首の軸ずれ解消は最後の最後となるはずだ。

そこで“前屈”によって脚裏の筋肉をストレッチできるようになるには、
先に肩と骨盤の歪みを解消しておかなければならないことがわかる。

というわけで、ここでも捻りを一枚かませて骨盤を立てておこう。

真向法・第二体操〜補助運動〜

1.手を伸ばして、足を掴んで、捻る!…以上。

2.足はどこを掴んでもよい。いろいろ試してみよう。

図:布施仁悟(著作権フリー)


さて、次はボクの一番のお気に入り。チベット体操・第四の儀式である。

矢印マーク 『決定版 真向法―3分間4つの体操で生涯健康』

真向法はストレッチの王道です。
4つまるごと望景内の構成要素。
筋トレの要素をそぎ落とし、
衝脈をダイレクトに刺激する。

矢印マーク 『5つのチベット体操-若さの泉・決定版』

チベット体操は人生の基本です。
5つまるごと望景内の構成要素。

赤雲水

チベット体操・第四の儀式

黒雲水
じっくり効かせる望景内5


ボクは第四の儀式の補助運動を夢の中に現れた見知らぬ爺さんに教えてもらった。

爺さんの教えは二つあるのだけれど、その一つ目が「足首をまわせ」。

その夢をみた頃はまだ足首の軸ずれに気づいていなかったため、
何を意味しているのか判らず終い。信じられなくて実践はしなかったから、
足首の軸ずれに気づいて初めて爺さんの教えの正しさを痛感することになった。

いやいや夢というのもバカにはできないものだね。

爺さんの教え 其の一 〜足首をまわせ〜

1.足首は、軸ずれに合わせて、曲げたり、伸ばしたり。

2.いろいろ試してみよう。

図:布施仁悟(著作権フリー)


そして爺さんの教えの二つ目は「手を後ろについて身体をひねる」。

これは非常に効果の高いストレッチなので是非とも取り入れるといい。
ヨーガの本でもストレッチの本でもあまり紹介されていないのが不思議なくらいだ。

爺さんの教え 其の二 〜手を後ろについて身体をひねる〜

本屋で探したら『カーヴィーダンスで部分やせ!』という本で紹介されていた。たぶん独自に導き出したのだろう。カリスマトレーナー樫木裕実先生の「やせ力UPストレッチ」より。

とてもよいストレッチ集だと思う。

図:布施仁悟(著作権フリー) 参考:『カーヴィーダンスで部分やせ!』P.48


この動作のように「手を後ろにつく」と肩を大きく後ろにひねることになる。
そうすると肉体に埋まっている肩のパーツの入口を体表に引っ張り出せるため、
肩の軸ずれを修正するのに極めて有効なのだ。これなら骨盤も捻れるしね。

また肥田式強健術にも肩を大きく後ろにひねる操体法がある。
「胸隔(きょうかく)拡張法」と名づけられているのだけれど、それは、
見本の写真を見るかぎりでは「何をやってるんだ?アホかこいつは…」
という感想を抱きかねないAHOストレッチだ。

肥田式強健術 〜胸隔(きょうかく)拡張法〜

AHOストレッチ。でも、試して御覧。

これは効くよ!

図:布施仁悟(著作権フリー) 参考:『鉄人を創る肥田式強健術』P.121


これも、つまりは肩を大きく後ろにひねることで、
肉体の奥に埋まっている肩のパーツの入口を体表に引っ張り出しているのだ。

ただ、しかし…今でも気になっている爺さんの残した言葉がある。

「胆石ができているな。ちょっと、とってやろう」

そう言って長さ50cmはあろうかという太い針をボクの腹に突き刺そうとしたので、
ボクはたまらず逃げてきた。あれは逃げちゃいけなかったのだろうか…。

ま、気を取り直してチベット体操・第四の儀式である。

チベット体操・第四の儀式図

1.足を前に投げ出して座り、手のひらを床につける。

2.顎(あご)を胸につけるようなつもりで、頭を前に倒す。


3.頭を後ろにそらすと同時に腰を持ち上げていく。

4.胴体が床と水平になる位置まで持ち上げた状態でしばらくキープ。

5.これを21回繰り返す。

図:布施仁悟(著作権フリー)


真向法の静的ストレッチに対してチベット体操は動的ストレッチだ。
首と腰を曲げたり伸ばしたり。実はこれ全て同じことをやっている。

チベット体操・第二の儀式と第四の儀式の共通点
図:布施仁悟(著作権フリー)


チベット体操・第二体操と第四体操は並べてみれば同じ動作にすぎない。
それはナゼかを知りたければ気道のパーツの軸ずれ図を見ればいい。

気道のパーツの軸ずれ図3

気道のパーツをつなげるにはどうすればいいのか?
ヨーガは簡単なパズルだ。

図:布施仁悟(著作権フリー)


(2013.01)

矢印マーク 『鉄人を創る肥田式強健術』

簡易強健術は臍下丹田を正しく開発した人向けの体操。
臍下丹田を開発できるとこれだけで十分だそうである。
やっぱりホンモノはいつの時代にもいたんだね。

矢印マーク DVD付 樫木式カーヴィーダンスで部分やせ!

樫木先生おちゃめでかわいい。
48歳。歳は相応。

体軸の支線
図・布施仁悟(著作権フリー)
肴はとくにこだわらず厳選情報

HPランキング参加中!

凡人たちにも本物のスピリチュアルを!

ワンクリック運動に参加しませんか?

ブッダの瞑想法―ヴィパッサナー瞑想の理論と実践

坐禅入門の決定版!

心の欠陥を克服する唯一最善の方法は坐禅・瞑想を実践することです。そして、この本以上の坐禅・瞑想の入門書を私は知りません。

聖書―旧約・新約

伝道の情熱を読みとれる貴重な一冊

イタリア人神父が丁寧に日本語訳した聖書。聖書は坐禅修行にも必ず役立つ。かりそめにも軽んじてはならない。

ブッダの真理のことば・感興のことば

こなれた現代語で読める法句経

私の仏教に対する誤解は この本で初めて解けました。

白隠禅師―健康法と逸話

坐禅と気の関係を明かした本

内観の秘法と軟酥の法は坐禅の基本。白隠禅師の『夜船閑話』と『遠羅天釜』で ちょっとはマシな坐禅をしよう。

5つのチベット体操-若さの泉・決定版

これはエクササイズの革命だ!

たった5つの体操を毎日続けるだけで体調は良くなるわ、痩せるわで驚きの効果が・・・!?食事に関するアドバイスも実に簡潔で的を得たもの。これはエクササイズの革命だ!

決定版 真向法

チベット体操と併せてどうぞ。

たった4つの体操を毎日続けるだけで怪我を予防するための柔軟な筋肉を作れます。チベット体操と併せてどうぞ。

魂をゆさぶる禅の名言

何にもならない坐禅はやめよう!

坐禅は単なる心の慰めではありません。坐禅を人生に役立てるための智慧がここにあります。救いのある仏教の入門書。