トップ写真 ゆんフリー写真素材集
Contents menu
Google Search
Google
Web サイト内
関連記事リスト

【坐禅作法55】じっくり効かせる望景内1

ちょっとはマシな坐禅作法 じっくり効かせる望景内1〜結跏趺坐へのストレッチ 8〜

Presented by

〜結跏趺坐へのストレッチ 8〜


チベット体操・第一の儀式

そもそも簡易望景内には限界がある。

理論的には正しくとも肉体がついてこれないからだ。
その限界を生み出している原因は足首や膝関節の歪みにある。

簡易望景内は基本的に起立した状態での運動となるため、
身体のバランスを支えている足首や膝関節に体重がかかる。
このとき足首や膝関節の不随意筋を解消できていないと、
筋肉を常時緊張させたまま操体することになってしまう。
そのせいで簡易望景内のストレッチ効果を半減してしまうのだ。

この問題を解消したければ足首や膝関節を体重から解放するといい。
すなわち床に脚を投げ出した状態での操体法が極めて有効だ。

そのための方法論が『チベット体操』と『真向法』に揃っているから、
それらをベースにした『じっくり効かせる望景内』をこれから眺めていこう。
とはいえその本質は簡易望景内と何ら変わりはない。

解説する順序はボクが普段やっている順番どおりにしたい。
やはりまずはチベット体操の第一の儀式から。

じっくり効かせる望景内1
チベット体操・第一の儀式

1.両手を水平に伸ばして、できれば骨盤と肩の傾きを調整する。

2.その場で右回りに21回まわる。

3.もしも目が回るようならそこでやめる。

図:布施仁悟(著作権フリー)


これはイスラムのスーフィー教団でもおなじみの旋回舞踏と同じものである。
修行者のダルヴィーシュたちの目的は脳内麻薬の分泌を促すことにあるため、
オツムがどうかするまで音楽に合わせて回りまくっているわけだ。

もちろんボクたちは日本の禅者なのでそんな真似をする必要はない。
この体操の目的は頭部から脚部に向かって体軸に気を流すことにあるからだ。
右回りに回れば頭部から脚部。左回りなら脚部から頭部に気は流れる。

ただ下から上という気の流れは、最初に臍下丹田の経穴をあける人たち、
すなわちインチキ気功家たちのやり方なので禅者のボクらは逆をゆく。
頭部の中心点から脚部へと気を流すために右回りにまわらなければいけない。

ただ渦巻きの回転は北半球と南半球で違うから、
もしかすると南半球に行ったら左回りが正解となるのかもしれない。
あるいは赤道直下なら直立してるだけでも効果があったりして…。
「実験したい!」とは思うけれど、そんなお金の余裕はないのでオアズケだ。

スーフィー旋回舞踏図

骨盤の傾きにあわせて両腕を微妙に曲げる。

図:布施仁悟(著作権フリー)


またスーフィーの旋回舞踏では伝統的に広げた両腕を幾分曲げるらしい。
これは骨盤の傾きに合わせて肩の傾きを調整するのに都合のいい所作なので、
真似するといいと思う。よいところを取り入れるのにためらいは無用である。

チベット体操を早々に挫折するときの言い訳に第一の儀式を挙げる人は多い。
「目が回って気持ち悪くなるから、この体操はきっと身体に良くない」
しかし21回まわったくらいで気持ち悪くなるならもはや霊長類ヒト科とは言えない。
そのへんの犬だって喜んでまわっているぢやないか。3回まわってワン!

気持ち悪くなるのは三半規管の機能が劣化しているからで、
それは鍛えなおせば回復するものだからそこは我慢して乗り越えなければいけない。
三半規管は身体の歪み情報を集めてバランスを修正するための器官である。
体軸を調えるにはその機能を回復させる必要があり、さもなくば犬以下と心得よう。

たとえ気持ち悪くなってもしばらく床に横になっていればいいだけの話。
そのため次はチベット体操の第二の儀式がいいと思う。

矢印マーク 『5つのチベット体操-若さの泉・決定版』

チベット体操は人生の基本です。
5つまるごと望景内の構成要素。

赤雲水

チベット体操・第二の儀式

黒雲水
じっくり効かせる望景内2
チベット体操・第二の儀式図

1.腹筋21回!

2.脚を垂直に立てると同時に首を持ち上げる。

3.脚を垂直にした状態で一呼吸キープ。よくある腹筋運動のようにチャカチャカやってはいけない。動作は比較的ゆっくりになる。

4.膝は曲げない。

図:布施仁悟(著作権フリー)


これは俗にいう腹筋運動である。

手っ取り早く痩せたいなら有酸素運動のウォーキング90分/日。
それと筋力トレーニングの腹筋運動100回/日と相場が決まっている。
実にこの二つは基本中の基本の気功法なのだ。

腹筋運動はさまざま知られているけれど このレッグレイズ型が一番いい。
両手を床に踏ん張ることで肩の歪みを調整することになるし、
脚を真っ直ぐに伸ばすから不動・仁王軸を通って足先まで気が走る。

この床に寝た状態というのは体重を支えている筋肉の緊張が解けるため、
最もストレッチ効果を得やすい。そこで、
この第二の儀式に入る前にストレッチを一枚かませるとより効果的だ。

変死体のポーズ(?)

1.できるだけ両肩を床から浮かさない。

2.首は脚を倒す側と逆を向く。

3.膝を曲げずに伸ばすとなおよい。

図:布施仁悟(著作権フリー)


これはヨーガで「変死体のポーズ」として知られているものである。

というのはUSO。よくある普通のストレッチである。
仰向けに寝たまま片足を抱えるポーズもよく効くので合わせてやるといい。

「チベット体操」と「真向法」には“ひねり”の入ったポーズが欠けているから、
こういうストレッチを適宜はさんで“ひねり”を効かせたほうがいいと思う。
骨盤の傾きを修正するのに“ひねり”は特に有効だからだ。

以前、生理痛に悩む女性にこのストレッチを教えたところ随分感謝されたことがある。
女性の厄年とされる33〜37歳というのは子宮まわりの不具合が出やすい。
現代社会を闘いながら生きる哀れな女性の骨盤は如実に歪んでくるからだ。

戦後教育の悪しき成果で女性も働けば幸せになれると吹き込まれているから、
働く必要もないのに働いてストレスでますます骨盤の歪んだ女性が多くなっている。
その骨盤の歪みは晩婚化が進み高齢出産も増えて少子化する原因でもあるのだ。

男は足首とお尻で歪みのない健康的な女性かどうかを本能的に判断するため、
骨盤が歪んでヒップダウンした女性に惹かれる男なんかいるわけがない。
たとえいたとしてもそれは男ではなくオツムの調子のイマイチな早漏男子である。

その二人の間にはオツムの逝ってる子供が生まれると決まっているから、
この世の普遍の法則にしたがって世の中はますます凡人社会化してゆく。
その悪循環を加速しないようにボクらは少子化を選択しているのかもしれない。

とにかく現代女性のヒップダウンは国家の存亡にかかわる大問題なのである。
そろそろ政府は“国民女性総ヒップアップ計画”をぶち上げるべきではないのか!?
そのとき「変死体のポーズ」は最終兵器(リーサル・ウェポン)となるだろう。

加えて“早漏男子追放キャンペーン”も同時に実行するといい。
骨盤の歪みを抱えているから早漏になるわけで、それは器の小さい男の証し。
まずは政府や行政の要職から早漏男子を駆逐して範を示してみたらどうだろう。

その場合、早漏テストをどう実施するか?…それが問題だ。

話は変わって腹筋運動といえば代表的な筋力トレーニングなのだけれど、
筋トレの原点・ボディビルの世界には究極のストレッチがあるので、
それを紹介したい。ただし、ダンベルとバーベルを使うのが難点ではある。

望景内的アームカール

1.ダンベルを垂直に持ち上げる。

2.力瘤をつける目的は全くないため軽い負荷でかまわない。

図:布施仁悟(著作権フリー)


上図はボディビルのアームカールの変形である。

通常のアームカールは上腕二頭筋、つまり力瘤を鍛えるもので、
ダンベルまたはバーベルを床に水平に構えて持ち上げる。
一方、望景内の目的は筋肉を鍛えることにはないので垂直に構える。

ダンベルやバーベルを使って負荷をかける方法は非常に効率的なのである。

肥田式強健術にもバーベルを使ったフロントレイズの型があって、
臍下丹田開発以降の肥田春充は2分30秒のフロントレイズを日課としたらしい。
そのフロントレイズというのはとても重い負荷で行えるものではない。
腕をまっすぐに伸ばしたまま身体の真正面にバーベルを持ち上げるため、
肩の筋肉だけに負荷をかけるから軽い重量でなければいけないのだ。

これら望景内的アームカールや肥田式フロントレイズの狙いは、
肩にかかる負荷をできるだけ回避するために、肩甲骨と骨盤を正しい位置に
調整することにあるから、むしろ、軽い負荷で構わないともいえる。

ボクはダンベルシャフトに約2.5kgのプレートを2枚セットしてアームカールを行う。
そのため片方約5kgになるから両腕で計10kgほどだけれど重過ぎるくらいである。
肩甲骨と骨盤のストレッチという意味では片方約2kgくらいで十分ではなかろうか。

ボクが重い負荷で行う理由は単なるマッチョ願望の現われだから、
そのへんのことは放っておいてくれたまえ。

ついでにボディビル的望景内の型をもう一ついっとこう。

望景内的フロントランジ

1.バーベルを持って一歩踏み込む。

2.簡易望景内の要領で両足の踵(かかと)と爪先で直角をつくる。

3.踵は浮かさない。

図:布施仁悟(著作権フリー)


これはフロントランジと呼ばれるもので太腿の筋肉を鍛えるものとされるけれど、
工夫次第では骨盤の調整により太腿を流れる気道に気を通す効果もある。
要するに、この腰まわりの“ひねり”が骨盤にすこぶる効くわけである。

先の望景内的アームカールや肥田式フロントレイズは、
肩の筋肉に負荷をかけて肩甲骨主導で骨盤を調整する型なのに対して、
これはどちらかといえば骨盤主導で肩甲骨を調整することになる。

もちろん、ここでも重いプレートで負荷をかける必要はない。

といいながら…先日ボクはバーベルにセットするプレートの重さを一段上げた。
これからの禅者はマッスルモンクでなければいけないとボクは思う。
まったく健康的にみえない禅者の言葉に説得力なんかあるわけがないからだ。

ここにバーベルセット一式は21世紀の坐禅堂の必須アイテムになると予言しておく。

ただし、望景内の基本は「器具を用いず」。
ダンベルセットやバーベルセットを無理して揃えなくてもよろしい。
なので地道に真向法の第一体操といこう。

矢印マーク 『鉄人を創る肥田式強健術』

簡易強健術は臍下丹田を正しく開発した人向けの体操。
臍下丹田を開発できるとこれだけで十分だそうである。
やっぱりホンモノはいつの時代にもいたんだね。

矢印マーク ダンベル ラバータイプ (40kgセット)

ファイティング・ロードのダンベルセットなら、
1.25kgの軽いプレートもあるから便利。
後々バーベルシャフトを揃えるつもりなら、
40kgセットくらいは欲しいところ。
これで君もマッスルモンクの仲間入りだ。はうあっ!

真向法・第一体操

じっくり効かせる望景内3
真向法・第一体操図

1.両足を合わせ、足裏をできるだけ上に向けて、両膝を床につけて座る。

2.股関節から屈伸するイメージで上体をゆっくり倒す。

3.腰は丸めない。

図:布施仁悟(著作権フリー)


真向法の規定ではこれを10回反復するのだけれどその必要はない。
1回で十分である。その代わり上体をじっくり、ゆっくり倒す。
さらには前傾した状態をしばらくキープするといい。

ここで重要なのは腰を丸めず腰椎のカーブをできるだけ真直ぐに保つこと。
すると気道に気が流れて股関節も次第に開き上体は自然に前傾してゆく。
チャカチャカと反復したら気道に気が流れてゆく猶予を失うため効果半減なのだ。

ただ、最初から両膝を床につけて座れる大人はほとんどいないはずで、
その原因は股関節を開けないことにある。元凶はもちろん骨盤の後傾。
そこで骨盤を立てる“ひねり”の入ったストレッチをここでも一枚かませよう。

真向法・第一体操〜補助運動〜

1.骨盤と肩を同時にひねって不動・仁王軸を調整する。

2.膝の上におく右手の形にコツがある。

図・布施仁悟(著作権フリー)


この補助運動の要点は膝に置いている右手の形にある。
この右手の形により腕から肩にかけて“ひねり”が生まれているのがわかると思う。
この“ひねり”の効果を「気道のパーツの軸ずれ図」で確認してみよう。

気道のパーツの軸ずれ図

1.軸ずれを起こしている気道のパーツは本来の軌道を外れて肉体に突き刺さっている。

2.骨盤と肩の調整とは身体をグイーッと伸ばしてパーツ同士をつなげること。

図・布施仁悟(著作権フリー)


これは骨盤が右後方に傾いているケースにおける「気道のパーツの軸ずれ図」。
右肩の気道のパーツは本来の軌道を外れて水平に背中へ抜けている。
この補助運動の右腕のひねりは右肩のパーツを左前方に起こす効果を持つ。
そのとき骨盤のパーツを起こしながら肩のパーツも同時に起こすのがコツだ。

たとえば、上図のケースでは左側の気道のパーツは喉や胎に水平に突き刺さり、
右側の骨盤まわりの気道のパーツは脇腹に向かって水平に抜けているのだから、
各パーツを同時に左前方へ立てるように骨盤と肩を調整したらいい。

はじめて気道のパーツ同士をつなげるときは糸のように細い筋が認められる。
また一度通しても元に戻るらしく、二度目、三度目も上手くいくとは限らない。
それでも根気よく何度もトライして次第に太い軌道を形成してゆくのである。

ただし、そのプロセスは不随意筋に阻まれて遅々として進まないものだ。
あたかもラクダが針の穴を通るがごとし。肩こりや腰痛に似た痛みまで伴なう。
その痛みは“偏差”によるものなので医者にだって治すことはできやしない。

そこで、あまり痛みのひどい時は、早めに風呂に入って、坐って、寝るのが一番。
筋肉は温めれば気持ちほぐれるからストレッチや坐禅の前の風呂はよいものだ。
さらに就寝直前60分以上の夜坐で気道を調えると寝つきも良くなる。
痛みなんか寝てしまえば忘れられるのだから、寝つきやすい条件を整えればいい。

それを“消極的逃避”と思うのは金輪際よしたまえ。
それはいわば不随意筋を完全に解消するまでの“戦略的逃避”なのである。
ただ程度の違いといえばそれまでかもしれない…。

いやいや、それを言っちゃあ、おしまいよ。

(2012.12)

矢印マーク 『決定版 真向法―3分間4つの体操で生涯健康』

真向法はストレッチの王道です。
4つまるごと望景内の構成要素。
筋トレの要素をそぎ落とし、
衝脈をダイレクトに刺激する。

体軸の支線
図・布施仁悟(著作権フリー)
青雲水
肴はとくにこだわらず厳選情報

HPランキング参加中!

凡人たちにも本物のスピリチュアルを!

ワンクリック運動に参加しませんか?

ブッダの瞑想法―ヴィパッサナー瞑想の理論と実践

坐禅入門の決定版!

心の欠陥を克服する唯一最善の方法は坐禅・瞑想を実践することです。そして、この本以上の坐禅・瞑想の入門書を私は知りません。

聖書―旧約・新約

伝道の情熱を読みとれる貴重な一冊

イタリア人神父が丁寧に日本語訳した聖書。聖書は坐禅修行にも必ず役立つ。かりそめにも軽んじてはならない。

ブッダの真理のことば・感興のことば

こなれた現代語で読める法句経

私の仏教に対する誤解は この本で初めて解けました。

白隠禅師―健康法と逸話

坐禅と気の関係を明かした本

内観の秘法と軟酥の法は坐禅の基本。白隠禅師の『夜船閑話』と『遠羅天釜』で ちょっとはマシな坐禅をしよう。

5つのチベット体操-若さの泉・決定版

これはエクササイズの革命だ!

たった5つの体操を毎日続けるだけで体調は良くなるわ、痩せるわで驚きの効果が・・・!?食事に関するアドバイスも実に簡潔で的を得たもの。これはエクササイズの革命だ!

決定版 真向法

チベット体操と併せてどうぞ。

たった4つの体操を毎日続けるだけで怪我を予防するための柔軟な筋肉を作れます。チベット体操と併せてどうぞ。

魂をゆさぶる禅の名言

何にもならない坐禅はやめよう!

坐禅は単なる心の慰めではありません。坐禅を人生に役立てるための智慧がここにあります。救いのある仏教の入門書。