トップ写真 ゆんフリー写真素材集
Contents menu
Google Search
Google
Web サイト内
関連記事リスト

【坐禅作法25】チベット体操10週間

ちょっとはマシな坐禅作法 チベット体操10週間〜Trial Impossible 1〜

Presented by

〜Trial Impossible 1〜


不立文字?ふざけるな!

禅の境地は『不立文字』。だからといって何も語らない禅僧はどうかしてる。
いっそ「実は何にも知らないから語れません」と白状したらどうなんだ。

禅の正門へと続く参道の入口までは『成立文字』。
十分に説明可能なのだ。ただ面倒だから誰もやらなかっただけの話である。
そういう意味では道元禅師も白隠禅師も悟ったくせに怠慢だ。

いやいや「怠慢だ」とは言い過ぎかもしれない。
彼らの生きた時代の言葉では説明不可能だったとも言える。
その説明のためには宗教宗派の垣根を取り払った信教の自由を前提とするし、
20世紀における心理学や脳科学の成果も不可欠だと考えられるからだ。

つまり21世紀を生きる日本の禅者ならそれができる。

ボクはこれから禅の正門へと続く参道の入口の地図を記す。
それには幾つかの段階があるからクリアすべきミッションを順番に提示しよう。
残念ながら、途中で脱落する禅者もまた大量に発生するだろうから、
題して『Trial Impossible(ありえない試練)』としておこう。

もし挫折してしまったとしても落胆することはない。
これはまだ時節の到来していない者には実践不可能なミッションなのだ。
もうしばらく世間という苦い道場で辛酸をなめてから再挑戦してみるといい。

それでは21世紀を生きる禅者諸君。禅の新時代の幕開けを目撃せよ!
記念すべき最初のミッションはこれだ。

Mission 1 チベット体操を10週間実行せよ
矢印マーク 『5つのチベット体操-若さの泉・決定版』

ボクが始めた32歳の頃に比べて愛好者は予想外に増えているようだ。 ネットを探せば動画を公開している人もいるので、 まずは試しにはじめてみたらどうだろう?
効果を確認できたらこの本を読んでみるといい。 指示がいちいち的確であることに気づくだろう。
効果を上げるコツは効かせる気道を意識することだ。


われわれ禅者の肉体的条件は『法句経(ダンマパダ)』に示された通りである。

瘠(や)せて、血管があらわれ、ひとり林の中にあって瞑想する人
…かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

(法句経395『第26章 バラモン』)


つまりデブは禅者失格だとお釈迦さまはおっしゃたそうなのだ。

矢印マーク 『ブッダの真理のことば・感興のことば』

こなれた現代語で読める法句経。
私の仏教に対する誤解は この本で初めて解けました。

赤雲水

筋肉と脳の関連性

黒雲水

ここでは、まず現代科学の実験結果からその証明をはじめてみよう。

矢印マーク 『究極のトレーニング』

『スロトレ』で有名な筋肉博士・石井直方先生の本。
スポーツ生理学の最新の研究結果をまとめてある。
選ばれているテーマがまた興味深い。
筋肉と老化。筋肉と脳。筋肉と心。
筋肉の科学はスポーツをする人に限らず、
あらゆる分野の人に共通する人間科学でもある。
人間たるもの筋肉で成り立つのでありマッスルよ。


筋肉博士・石井直方先生の『究極のトレーニング』の中に、
筋肉と脳の関係についての興味深いラットの実験結果がある。

ラットを運動させると、当然、大脳運動野に強い活動が見られますが、同時に、 間脳の視床下部と呼ばれる部分の一群の神経細胞に活動が見られました。
この部分は、その直下にある脳下垂体に指令を送り、副腎皮質ホルモン、 抗利尿ホルモン、成長ホルモンなどを分泌させます。
大変興味深いことに、この部分の活動は、運動神経と筋肉の連絡を遮断し、 筋肉のみを直接刺激して運動させた場合にも活性化されたのです。
すなわち「大脳の運動指令とは無関係に筋肉の運動が脳を刺激する」 ことを示したことになります。

(P.115『究極のトレーニング』)


要するに、動物の肉体というものは脳の指令で筋肉を動かしている一方で、
筋肉の指令で脳を動かすこともあるそうなのである。

足之少陽胆経の頭部

胆経は体側に沿って下降し足の薬指に達する。
この図では頭部の複雑な様子を描いているけれど、 胆経以外の経絡も頭部において複雑に絡み合う。
どうなってるかなんて区別するのは面倒だ。 だから、これを図示した人は偉い。
…というか相当に暇だったんだな。きっと。

図:『密教ヨーガ』P.149…代田文誌「鍼灸治療基礎学」の孫引き


ただし気のわかる禅者にとってこんなことは当然の常識にすぎないだろう。
なぜなら身体に張り巡らされている気道はすべて頭部に集約されるからだ。
気道と密接な関係を持つ筋肉を刺激したら脳に影響するに決まっている。
つまり気道の健全化はとりもなおさず脳の健全化につながるのである。

また脳を健全化するということは、精神に影響を与える分泌物質。
たとえば成長ホルモンなどの各種ホルモンの分泌構成を健全化することである。
したがって禅者の目指す精神の飛躍は気道と脳の健全化が大前提なのだから、
もしも精神を健全化したいなら、まず筋肉を動かすのが近道ということになる。

矢印マーク 『 密教ヨーガ―タントラヨーガの本質と秘法』

本山博先生の著作は大いに参考になる。
ただし、凡人にとっては『正法眼蔵』のように
超然とした部分もあることは確か。

矢印マーク 『チャクラの覚醒と解脱』

『密教ヨーガ』の解説本。
お値段ちょっと高めですけど…
どうせならセットでどうぞ。

デブの本当の原因

次に「どうして人間はデブになるのか」という問題を考えてみよう。

この答えは簡単で「筋肉を動かさないから」と現代人なら誰でも知っている。
ただし「動かさない」だけならいいけれど「動かせない」となると話は別だ。
そして、ほとんどのデブは「動かさない」のではなくて「動かせない」のである。

これは仙道の著書を多数書いた高藤聡一郎氏の意見。

本来、人間の体の筋肉は、すべて意志で動かせるようなのだ。 ところが、大人になるにしたがって一部しか使わなくなるため、 あっちこっちが退化し、不随意筋化してしまうのだ。 特に文明人はこれがひどく、普通なら動かせる筋肉まで動かせなくなっている。

(P.184『秘法!超能力仙道入門』)


そんなデブでもヨガなどのストレッチ系の運動をはじめると、
しばらくして筋肉の震動や痙攣を体感し、やがて痩せ始める。

…というのは、今まで使われていなかった筋肉が働きを取り戻したことを意味している。 動かせるようになる前、一種の震動とか、ピクピクといった軽い痙攣(けいれん)が起こる場合が多い。

(P.184『秘法!超能力仙道入門』)


しかもボクの経験ではこの震動や痙攣は肉体の筋肉だけではなく頭部にも及ぶ。
筋肉に沿って走るすべての経絡は脳内につながっているからだ。

そのとき脳内にチクチクとした痛みやピキピキと気道を押し広げる感覚が走り、
その経絡上に位置する不随意筋化していた筋肉が意識の指示通りに動き出す。
そうなって初めてその経絡(気道)に気を流すこともできるようになるのだ。

確かに、陽気を上げていく場合、その付近の筋肉を次々に動かしながら、上げていくのである。

(P.184『秘法!超能力仙道入門』)


つまり筋肉の不随意筋化は脳の退化ないし萎縮を意味しているのである。

矢印マーク 『秘法超能力仙道入門』

この本の記述は古い文献や自身の実体験に基づいている。
何かと参考になるので手元に置いておくといいかもしれない。

青雲水

すなわちデブはバカなのである

緑雲水

さて、これでとりあえず証明は終わったようなので、
はっきり言いたくはないけれど、はっきり言ってしまうと…

すなわちデブはバカなのである。

だから、お釈迦さまはデブは禅者失格とおっしゃったのだ。
もっと言えば不随意筋化した筋肉の持ち主はどいつもこいつもみなバカである。
程度の差こそあれ、ボクもまだまだバカなのが悔しい…。

そしてこのバカを解消する運動は多途(たず)あれど、
ボクはチベット体操をオススメする次第である。
5つの体操を毎日続けるだけで健康になって気分も良くなる運動だ。

それも10週間も実行すると明らかな身体の変化に気づき始めるから、
元に戻る手はないとモリモリ続けられる。それに時間もかからない。
たった5つでいいのだから飽きっぽいボクでも32歳から5年以上続いている。

だから誰でも続けられないはずはないと思っていた。

ところがどうやらダメなんだな。

かつてボクは親しい何人かにチベット体操の本を買って贈った。
「痩せたい」「記憶力が悪くなって困っている」
「膝・腰・肩が痛い」「お腹の調子が悪い」
それから「このまま人生を終えるのはもったいない」
そんな悩みを抱えている同朋に「人生変わるぜ」と言って渡したのだ。

そんな彼らのうち何人が今でも続けているか?

…ゼロである。誰一人として悲しいほど続かないのだ。

ああ実に、呼ばれる者は多いが選ばれる者は少ない。(マテオ22-14)

Mission 1 チベット体操を10週間実行せよ


このミッションを遂行できたなら禅者の素質があると思って間違いない。
もしも成功できたら次のミッションでまた会おう。健闘を祈る。

(2011.8)

矢印マーク 『聖書―旧約・新約』

イタリア人神父が粋に日本語訳した聖書。
イラスト・地図などの資料も豊富で、
旧約・新約、あまつさえ詩篇もついたお徳な一冊。
聖書は坐禅修行にも必ず役立つ。
かりそめにも軽んじてはならない。

肴はとくにこだわらず厳選情報

HPランキング参加中!

凡人たちにも本物のスピリチュアルを!

ワンクリック運動に参加しませんか?

ブッダの瞑想法―ヴィパッサナー瞑想の理論と実践

坐禅入門の決定版!

心の欠陥を克服する唯一最善の方法は坐禅・瞑想を実践することです。そして、この本以上の坐禅・瞑想の入門書を私は知りません。

聖書―旧約・新約

伝道の情熱を読みとれる貴重な一冊

イタリア人神父が丁寧に日本語訳した聖書。聖書は坐禅修行にも必ず役立つ。かりそめにも軽んじてはならない。

ブッダの真理のことば・感興のことば

こなれた現代語で読める法句経

私の仏教に対する誤解は この本で初めて解けました。

白隠禅師―健康法と逸話

坐禅と気の関係を明かした本

内観の秘法と軟酥の法は坐禅の基本。白隠禅師の『夜船閑話』と『遠羅天釜』で ちょっとはマシな坐禅をしよう。

5つのチベット体操-若さの泉・決定版

これはエクササイズの革命だ!

たった5つの体操を毎日続けるだけで体調は良くなるわ、痩せるわで驚きの効果が・・・!?食事に関するアドバイスも実に簡潔で的を得たもの。これはエクササイズの革命だ!

決定版 真向法

チベット体操と併せてどうぞ。

たった4つの体操を毎日続けるだけで怪我を予防するための柔軟な筋肉を作れます。チベット体操と併せてどうぞ。

魂をゆさぶる禅の名言

何にもならない坐禅はやめよう!

坐禅は単なる心の慰めではありません。坐禅を人生に役立てるための智慧がここにあります。救いのある仏教の入門書。