トップ写真 ゆんフリー写真素材集
Contents menu
Google Search
Google
Web サイト内
関連記事リスト

【BBS:Q&A 81】やれるとこまでやってみな

仁悟の坐禅相談室『坐禅の智慧で答えます。』 やれるとこまでやってみな

Presented by

2017年8月:権兵衛様より


権兵衛様の投稿

こんにちは。

自分は2月生まれですが、今月が20歳の8月です。

僕は正師・秀爺からよく歩くようにいわれていました。 それは肉体的なものについてだけじゃなくて、なんといいますか『道』(?)に関して、言っていたように思います。 自分は去年の5月にコメントした時にも、チベット体操やモーニング・ページなど投げだしていたりしましたし、そのときにやれるところまでやってみます、っていったものの、自分は今まで何をやってきたのだろう? こういうところが、よく歩く必要があるということなんですね。

19になる直前の勇気…19になる前というと、ちょうどチベット体操やモーニング・ページとかを19になるくらいで投げた覚えがあるし、占ってもらって、ちょうど12月から2月にチャンスがあるとか言われていたから、きっとそのときになにか逃してしまったのかもしれないと感じています。

去年の8月から混沌があったようにはかんじなかったので、1年くらいずれて今月からやって来ればいいのにって思います。 混沌じゃなくて引退の花道が敷かれるのですかね。

僕が鈍いから分からなかったのか
保守的でそもそもなかったのか
ひょっとして遅れてやってきてくれるものなのか

気が気でないです。これからどうなるんだろうか。

よく分からないけど、井上陽水はすごぶるいいなって。

図書館でCDがかなり置いてあるので借りて聞いているのだけれども、今度、Good Luck!のツアーが再開されて、僕の県でもコンサートがあるみたいだから、観に行くのが楽しみです。

座禅作法シリーズ、完結おめでとうございます。 あとがきとかまだあるかもしれませんが、これが無茶苦茶すごいものだってことは間違いないし、そうだとしてもやっぱり自分の足で歩かなければ豚に真珠になってしまうことも、間違いないですね。

(2017.8)

【当山解説】
 この投稿は『かなりキワどい坐禅作法』の「養心門15」にコメントされたものだった。
矢印マーク 【坐禅作法124】養心門15― 火裏の蓮 ―
 この『養心門15― 火裏の蓮 ―』に当山が書き残した「渾沌の構造」は人類史上初めて体系的にまとめられたものではないだろうか。 村上春樹やスティーヴン・キングといった20世紀の天才作家たちが、「渾沌の構造」を直感的に小説にしている現象は認められるものの、それだけで「渾沌の構造」を体系化するのは至難の業だったからだ。 ところが、どういうわけか、わが国に井上陽水という2500年に一人のアーティストがいて、「渾沌の構造」のインスピレーションを受け取って歌にしていたのである。 当山は彼らの受信したインスピレーションを体系化しただけなのだけれど、そもそもこういう現象が起こるのは21世紀という現代が変革の時代を迎えているからなのだとおもう。
 考えてみてほしい。 1995年にWindows95が発売されて以来、インターネットが急速に普及し、当山のように独力で真理の探究をしている在野の修行者が個人的に情報を発信できるようになった。 既成概念に囚われない自由な思想表現が可能になってきているのだ。
 その一方で、当山の真理の探究にあたって、2500年前に生まれた仏教やギリシア哲学や道教の教えは、道をはっきりと示してくれていなかったことがわかるとおもう。 おかげで当山は、各宗教や哲学に散在していた不ぞろいなリンゴたちを一つの箱に整然と並べて体系化する作業を余儀なくされてきた。 そのうえ最終的に役に立ったのは、1958年から1985年位までに発表されて、当山が子供の頃に聴いていた歌だったというのだから、既存の宗教や哲学は頼りにならないことこのうえない。 つまり、これまでの宗教は、この21世紀の時代を真っ直ぐに生きようとしたとき、もう古くなってしまっているのだ。
 この新しい時代は新しい宗教を必要としている。 そしてそれは、芸術家が小説や歌や映画のような形式で教典を作る、大衆の、大衆による、大衆のための宗教になるのだとおもう。 おそらくそこでは新しい宗教が生まれたために生じる新たな問題も発生することだろう。
 この投稿者は「渾沌の構造」が明らかになったことで生じた精神的葛藤を率直に吐露していた。 きっと21世紀型の新しい宗教の処方箋を書くことは、今後の課題となってくるに違いない。 このやりとりの最後に、この問題について少しばかり考察を加えておこうとおもう。

赤雲水

当山の返答

黒雲水

37歳から創造の病に入れるかどうかは33-34歳の渾沌までをどう過ごすかで決まるみたいです。 諦めなければチャンスは誰にでも平等に与えられるんですよ。

それまでに“勇気”や“忍耐”を集め切れなかった人でも、もうちょっとねばるつもりなら35-37歳の厄年までだって待ってもらえるようですから、やれるとこまでやってみたほうがいいとおもうよ。

もしも途中で引退の花道をつけられてしまったら、おとなしく俗世に戻って潜水艦みたいに浮上の機会をうかがうといい。 44-45歳のミッドライフクライシスの渾沌が、ちょうど19-20歳の渾沌に相当するようだから、そこからフリダシに戻って頑張ればいいんゃないかな。 アンパンマンのやなせたかしみたいに68歳以降の晩年になってから芸術家になった人もいるんだから。

どちらにしろツインレイやツインシャドウとのミッションは42-43歳の渾沌から65-66歳までの25年間のお話みたいなので、私とはちょっと違った運命のプログラムを歩むことになるとおもうけど、やなせたかしみたいな人生も悪くないとおもうよ。

井上陽水のファン層って、私の世代の人たちも結構いるんじゃないかと思ってたんだけど、5月27日にコンサートに行ったときはそうじゃなかった。 私の世代よりずっと年上の人たちばっかりでね。 「恩知らず」ってこのことだと思うよ。

私は2500年に一人のアーティストを忘却の淵から救いたくてね。 最後は井上陽水作品で締めくくろうと思って、この記事を書いてたの。 井上陽水作品は、ほんとうは権兵衛さんみたいな若い人たちが聴いてなくちゃいけない歌なんだ。

なんだか若いファンが一人増えたみたいで、私はとっても嬉しいよ。


当山雑感


自分に生来与えられた仕事をして
すべての人は完成に達する

(『バガヴァッド・ギーター』18-45)

当山に生来与えられていた天職を啓示されたのは40-42歳の大厄を抜けたときだった。 つまり、43歳になるまで当山の天職は秘められ続けていたということになる。

運命の分かれ道
図:布施仁悟(著作権フリー)


そのとき明らかになってきたのは、既存の古い宗教は、43歳になる以前に天職を放棄した覚者たちによって作られてきたものだったという事実だった。 どうやら末法の世というのは、天職を放棄して近道をした頓魔(とんま)の覚者たちが、そもそもの元凶を作りだす時代という意味だったらしい。

そんなものは、オカマの、オカマによる、オカマのための宗教であり、チキンの、チキンによる、チキンのための宗教でしかない。 彼らの到達した悟りは、いわば人生の脱落者に与えられた慰めの恩寵みたいなもので、頓魔の覚者たちはあまりに虚しい生きざましか提示していなかった。 既存の古い宗教が若き当山の目に灰色の天国としてしか映らなかったのも無理はない。

<<そんなものが悟りというならボクはいらない>>

そんな当山の疑念が解消されたのが43歳になって天職を啓示されたときだったのだ。 頓魔の覚者たちによって作られてきた末法の世の宗教に背を向けた当山の選択は正しかったらしい。

おそらく、この電脳山養心寺に駆け込んできた人たちの中には、従来型の頓魔の覚者たちにそそのかされて、近道という邪道に迷い込み、灰色の天国への切符を手にしてしまった人もいるのではないだろうか。

渾沌の円環
図・布施仁悟(著作権フリー)


これは現在のところ仮説でしかないのだけれど、渾沌は円環構造になっているように当山には映る。 したがって19-43歳までの精神期の渾沌における失敗を44-68歳までの芸術期に取り返すことは十分可能ではないかとおもうのだ。

上記のコメントで挙げているアンパンマンのやなせたかしばかりでなく、『ちょっとはマシな坐禅作法』で例を挙げた葛飾北斎やフランク・ロイド・ライトなど、渾沌の円環構造を利用して、70歳を越えてから天職に就いた芸術家はたしかに存在している。

これまで当山は19-43歳までの精神期の渾沌を真っ直ぐに通り抜ける道を探求してきた。 けれどもこのままだと、19-43歳までの人生のどこかで失敗した人にとっては、もはや救いようのない絶望的な宗教ができあがってしまう。 しかし、44-68歳までの芸術期の渾沌を乗り切る道を見つけることができれば、それは敗者復活という救いのある宗教に変わるに違いない。 けれどもその地図は、村上春樹やスティーヴン・キングや井上陽水たちによって描かれることはなかった。 おそらく当山をはじめとするこれから世に出てくる芸術家たち(ニュータイプ)が、その先の地図を創造することになるのだろう。

頓魔の覚者たち(オールドタイプ)にダマされてしまった諸君!

けっこう誰でも、現代日本を舞台に一編の伝記を書けるくらいの経験をしてきていることだろう。 やがて諸君にも、哀れみ深い歳月が人生の重荷をふたたび背負いあげる気力をもたらし、もはや返らぬ日々を静かに回想できるときがきっと来る。 そのとき、当山が『坐禅作法シリーズ』でやってきたように、そこからの復活劇を書いてみないか?

この課題に挑む禅者の出現を当山は期待する。

(2017.10.22「ニュータイプ宣言の日」)

矢印マーク 『神の詩―バガヴァッド・ギーター』

世界中で聖書の次に読まれているという聖典
仏教とキリスト教をつなぐ架け橋となる

桃雲水
肴はとくにこだわらず厳選情報

HPランキング参加中!

凡人たちにも本物のスピリチュアルを!

ワンクリック運動に参加しませんか?

ブッダの瞑想法―ヴィパッサナー瞑想の理論と実践

坐禅入門の決定版!

心の欠陥を克服する唯一最善の方法は坐禅・瞑想を実践することです。そして、この本以上の坐禅・瞑想の入門書を私は知りません。

実修 真言宗のお経

真言は法蔵の扉を開く!

空海の言ったことはホントかウソか? 実践してみればわかること。

わが家の宗教 臨済宗

毎日唱えたいお経CD

大乗経典の要諦を示した『菩薩願行文』 坐禅の真髄を説いた『坐禅和讃』 気の通りをよくする『延命十句観音経』。附録CDの充実した一冊。

5つのチベット体操-若さの泉・決定版

これはエクササイズの革命だ!

たった5つの体操を毎日続けるだけで体調は良くなるわ、痩せるわで驚きの効果が・・・!?食事に関するアドバイスも実に簡潔で的を得たもの。これはエクササイズの革命だ!

決定版 真向法

チベット体操と併せてどうぞ。

たった4つの体操を毎日続けるだけで怪我を予防するための柔軟な筋肉を作れます。チベット体操と併せてどうぞ。

魂をゆさぶる禅の名言

何にもならない坐禅はやめよう!

坐禅は単なる心の慰めではありません。坐禅を人生に役立てるための智慧がここにあります。救いのある仏教の入門書。