トップ写真 ゆんフリー写真素材集
Contents menu
Google Search
Google
Web サイト内
関連記事リスト

【BBS:Q&A 63】回心の一針

仁悟の坐禅相談室『坐禅の智慧で答えます。』 回心の一針

Presented by

2015年3月:サンテPC様・秀爺様より


秀爺様の投稿

サンテPCさんは文章無駄に長いです。

布施さんはまず、サンテFXをつけてサンテPCさんの文を読んであげて下さい。

【当山解説】
 この投稿は矢印マーク 【BBS:Q&A 62】創造活動と国語力のやりとりに続いて正師・秀爺から突然投げられたものだった。
 サンテPCと名乗る投稿者は当時22歳だったのだけれど、なかなか見所のある青年で、観察の価値に気づき実践するだけの勇気と根性を持ちあわせていた。 ただ逆に、定力を否定する傾向があり、双修の意義を説明されても聞き入れない意固地な一面もあったのである。
 このやりとりには正師・秀爺の一針により修行者が回心する場面が記録されている。 お手並み拝見といきましょうか。

赤雲水

当山の返答

黒雲水

おそらく文章を削る技術を覚えるのは、もう少し先でしょう。
サンテFXをつけて文章を読んだら、にじんで余計に長くみえそうです。


サンテPC様の投稿

秀爺さんだけでなく、布施先生や他の読者様にも大変ご迷惑おかけしていると思います。
本当に申し訳ございませんm(_ _)m

僕は生来ビビりの癖に行動派で探究心が人一倍強く、この人は本物だと直感した師に出会うために学生時代は韓国やカナダにまで一人で飛んでいって頭を下げておりました(笑)

高校が私立の仏教校だったので、受験の二日前には仏教の勉強会セミナーに出席して『アニメ版仏陀物語』なんかをおじさん達と観たり議論したり、おかげで受験も就職も散々でしたが、思えばこの頃から布施先生のHPに引き寄せられていた気もします。

前回より、ヨーガ界の有名人であるアルボムッレや小池龍之介さんの勉強会にも出席してみたのですが、質問とか会話する機会が少ないんですよね。 正道のヨーガについて質問できて、コメント欄も勉強になるのはここだけだと思うんです(泣) でも文章だとどうしても長くなってしまいますね。 ネットでなくリアルに正師がいたらと願わざるを得ません。

言葉の処方箋、ミューズとの連結、文章修行のコツなど教授して頂きありがとうございました。 もしまた、記事の内容に関係ない場合で、どうしても自分で解決できない疑問にぶち当たった時は、差し支えない程度にもっと縮めて書きますので「肴はとくにこだわらず」のお問い合わせフォームより質問させて頂ければと思うのですが、よろしいでしょうか?

【当山解説】
 突然の正師・秀爺の投稿に動揺していることが窺(うかが)える。
 でも、これはまだジャブだ。 いや、胃(ストマック)への重いパンチを受けたということかもしれない。 この後、彼はジワジワと追い詰められていく。

桃雲水

秀爺様の投稿

青雲水

サンテさん

あなたに一つ聞きたいのですが、あなたの体は、あなたの脳についていってますか? 肉体を疎かにはしてませんか?

どうやら、この世界では、超意識には超健康体が必要なようです。

【当山解説】
 ここに正師・秀爺の般若(智慧)を垣間見ることができる。
 サンテPCという投稿者は、肉体を疎かにしているような発言はあまりみせず、うまく別の話題にすりかえて投稿してきていたため、当山はこの問題についてまったく見落としていた。
 正師・秀爺が突然このような指摘をしてきたのは、サンテPCという修行者の素質が普通の人とは違うためで、これはまさに彼の内的要求に応えて正師の内側から出てきた言葉なのである。
 このことを20世紀の覚者・和尚はこのように語っている。

正師の言葉は応答だ

話すことは、樹々が花を咲かせたり、鳥が歌うように、新しい葉が樹々にやって来るように起こっている。 あなたがたを見ると、あなたがたの質問を見ると、新しい答えが私にやって来る。 さもなければ、私の心には何もない。 それは応答だ。あなたがたが私を呼び、私は応じる。

私があなたがたに言っていることは、あなたがたが私の内部に喚起したことだ。 それを語る者はいない。誰もいない…。

…その背後には誰もいない。 純粋な無、鏡のような無がある。 活動がなくなるのではない。 行為者がもう見つからないのだ。

(和尚『一休道歌 上』-P.242-243「第5話 天国を焼き払う」)
矢印マーク 一休道歌 上

風狂の禅師・一休の和歌で学ぶ禅。
こいつはイカシテル。


サンテPC様の投稿

秀爺さん、大変迷惑おかけして申し訳ありません。
更にご心配までいただいて、感謝の限りに尽くせませぬm(_ _)m

>肉体を疎かにはしてませんか?

数年前にぷっつんしてからヨーガではじめに学んだのが定力だったんです。 もともと体力や運動神経には自信があったので、プロテインがぶ飲みしてウエイトしまくって学生時代の厳しい部活動の時以上に身体をいじめ抜いたんです。 その後気功を知り、夜寝る前に丹田に気を鎮めていたら、心臓が激しく波打って呼吸が止まり、猛烈な元気が湧いてきたこともあります。 チャクラとかはよく分かりませんが(笑)

でもいくらマッチョになって身体が柔らかくなったり、丹田を極めて不動心を得てリア充してても何か虚しい気持ちは消えなかったんです。 周りの連中のバカ騒ぎに上っ面では合わせていても、どうしてもバカになりきれなかったんですよね。 で、探求ばっかしてました。 なんだろうこの気持ちはって。

>どうやら、この世界では、超意識には超健康体が必要なようです。

ヘルマンヘッセの『シッダルタ』を読まれたことはありますか?これは創作で、とある仏教会セミナーでおじさんから貰ったのですが、悟る前の仏陀って修行はじめてからスグにサマーディを完璧に習得しちゃう凄い人だったんですよね。 でも彼はそれを捨てて、その後いくつもの苦行で肉体がボロボロになりながらついに「肉体に救いを求めても報われない」ことを悟ってヴィパッサナを行じて覚醒したんですよね。 布施先生から悟りへの道はいくつかあると教えて頂き、私も妙に納得してしまいました。

ありゃ、また長くなってしまった。 丁寧に返信しようとすると未熟さも合間ってこうなっちゃいます。 国語は昔っから苦手でして……布施先生から頂いた文章修行のガイドブックを頑張らなくちゃです(笑)

緑雲水

秀爺様の投稿

赤雲水

サンテさん

私は、難しい本を読むともち肌になるから読まんのだよ。

何も苦行せよとは言っているわけではありません。 ちゃんとした肉体がなければ、ろくな瞑想もできないのです。

あなたは、若干、相手の意図を汲み取らず、先に進んでしまう所がありますな。

悟りとは高い所にあるわけではありません。それだと不安定です。


当山の投稿

秀爺さんの般若は本物だから鋭すぎるんだよねえ。

文章が無駄に長くなるというのは、まだ仕方のないことです。 なので、気にすることは全くないんだけど、まあ、ビビるよね。

文章が無駄に長くなってしまうというのは、いくつか理由があるんだけど、たとえば、これね。

「大変ご迷惑おかけしている」

そもそも誰も迷惑してないから。 でも、こういうこと書いちゃうでしょう。これとかもね…

「本当に申し訳ございません」

謝る必要なんかないのに謝っちゃう。 でも、こういうことをやめるとね、無駄な文章を削れるようになってくるんです。

清水義範という作家は、パスティーシュといって“模倣”を得意としているんだけど、無駄な文章を削れないタイプの作家なんです。 言い換えれば、清水義範の書く文章は自分の言葉じゃない。 ただ、真似をしているだけなんです。

それを『パスティーシュと透明人間』で読み取って欲しいんだよね。

一方、浅田次郎という作家は『極道放浪記』を書いてる間に無駄な文章を削れるようになった作家なんです。 若い頃に道を踏み外してた時期があってタイトルどおり極道をやってたの。 これ、普通なら、隠したいことだよね。 でも浅田次郎は『極道放浪記』でその自分の汚点を赤裸々に語ったのさ。 すると、次第に無駄に長い文章を書かなくなっていったんです。 自分の言葉を書くようになった。

それを『極道放浪記1・2』で読み取って欲しいんだよね。

つまり、潜在意識的な隠し立てとか、無意識にやってしまう謙遜とか、そういう壁を取っ払って丸裸にならないと、文章が無駄に長くなってしまうの。 秀爺さんはそこを指摘してるだけなんです。 ま、得意のフライングアドバイスだから、あんまり気にしないことですわ。 でも、後になってジワジワくるアドバイスだからね。よく覚えておくといいと思います。

------------------------------------------------------------
数年前にぷっつんしてからヨーガではじめに学んだのが定力だったんです。
もともと体力や運動神経には自信があったので、プロテインがぶ飲みしてウエイトしまくって学生時代の厳しい部活動の時以上に身体をいじめ抜いたんです。
------------------------------------------------------------

これ、うらやましいですね。

私は、十代後半と二十代前半の時期に運動らしい運動をしていなかったから、三十代に入ってから取り戻すのに ずいぶん苦労しました。 まだ若いから想像もできないとおもうけど、二十五歳に壁があってさ。 なんにもしてないと身体が謀反を起こし始めるの。 ストレッチとウォーキングは若いうちから習慣にしておくべきだったと思うよ。

------------------------------------------------------------
もしまた、記事の内容に関係ない場合で、どうしても自分で解決できない疑問にぶち当たった時は、差し支えない程度にもっと縮めて書きますので「肴はとくにこだわらず」のお問い合わせフォームより質問させて頂ければと思うのですが、よろしいでしょうか?
------------------------------------------------------------

いいとも、そのために開いてますから。

黒雲水

秀爺様の投稿

桃雲水

老婆心ながら、私からも一つ言わせていただきます。

サンテさんの文章が長いのは、国語力がないからでも、丁寧に返答しているからでもなく、ただ、言いたい事を次から次へと言っているだけではないでしょうか。

こういう場合、本人の自覚のない所で人の話を聞こうとしない事が多いです。

悟りを開いた人というのは、真逆で、話さなくても、自分の事を自分以上にわかっていてくれそうな共感力が滲みでるものです。 だから、会うだけで救われたような気になるのです。

人の話を受け入れ難い、自我を見性されてはいかがですか?


サンテPC様の投稿

秀爺さん、どうもです。

『シッダルタ』は200頁くらいの薄い文庫で、難しくありません。 今読み返してみて布施先生のヴィパッサナがよく表現されているなと感心していて。例えば、

------------------------------------------------------------
ちゃんとした肉体がなければ、ろくな瞑想もできないのです。
悟りとは高い所にあるわけではありません。それだと不安定です。
------------------------------------------------------------

というのは…

いくらマッチョになって身体が柔らかくなったり、丹田を極めて不動心を得てリア充してても何か虚しい気持ちは消えなかったのですが、ろくな瞑想でもなんでもヴィパッサナこそが根底だと学べました。 僕も仏陀を見習って苦行することなど不可能だと思います(笑) そして、超不健全な肉体でも、瞑想せずとも悟りを得た人を何人も知っています。 読書一切せず、ヨーガ知らずで悟る人もいます。 布施先生曰く、研究を進めると法則性を掴めてくるようで、こういう情報は本を読んだり思索しないと分からないと思うんです。

やっぱネットは色々制約があって厳しいです。 秀爺さんが上手いような公案みたいなのくれますけど、そもそも僕は実績と証拠のある師に耳を傾けるタチなんですよね。 布施先生が本物だと確信してるのは「肴はとくにこだわらず」やこのブログが他を凌駕していると直感したからなんです。

布施先生は哲学の道を歩まれており、縁覚道の記事は布施先生自身が暗中模索されながら書かれているようで、僕にとっても難攻不落ですが、だからこそ論理のやり取りが重要だと思うんですよ。 秀爺さんの前のコメントで、少し働いたらどうかとか尾田さんがどうとかいう論理は2chという匿名掲示板でよくみるんで、僕はそういうのが苦手で好まないんです。 つまり、秀爺さんがほんとに悟られた方か、2chによくいる自分のことは棚に上げて人に物言うタイプなのか見当つかないんです。

ネットでは分からないので、もし秀爺さんが悟られた方ならば、宜しければ是非お伺いさせて頂いて弟子入りさせて下さい。 お願いします。

青雲水

サンテPC様の投稿

緑雲水

秀爺さん、老婆心とアドバイス参考になります。

>言いたい事を次から次へと言っているだけではないでしょうか。

先程も秀爺さんに本音で聞きたい事を言ってみました。

僕の友人は皆次から次で言いたい事めっちゃ喋るんですね。 それは多分僕自身めっちゃ喋るからだと思うし、誰も相手の話なんてこれっぽちも聞いてないのでそれが身についちゃってます。 ネットはリアルではないので会話できない分息苦しく難しい。 それでも適応したいなと思い、文章修行に励もうと決心しました。

>悟りを開いた人というのは、真逆で、話さなくても、自分の事を自分以上にわかっていてくれそうな共感力が滲みでるものです。 だから、会うだけで救われたような気になるのです。

ネットではどうしても覚者と俗人、本物と偽物の違いが分からないので、僕は秀爺さんにもお会いしたい気持ちが強いのですが、叶いませんかね。 覚者は貴重で、リアルでお目にかかったことがないのです。

単刀直入に本音でお伺いしますが秀爺さんは悟られているのですか?

>人の話を受け入れ難い、自我を見性されてはいかがですか?

秀爺さんにもっと伺いたい事が沢山あるんですが、心を観つつ静めております。 本物の人に本音と大量の会話・文章をする分、過度に謙るのかなと観ていますが、相手の話は受け入れて書いてます。 ただ、話さなくても分かってくれそうな共感はネットではできないので、大量に質問と自分の境遇を書かざるを得ないのです。 お気に触られたようならばお許し下さい。


当山の投稿


------------------------------------------------------------
単刀直入に本音でお伺いしますが秀爺さんは悟られているのですか?
------------------------------------------------------------

ちょっと、これはヤボだぜ。

秀爺さんの言ってるとおり。
一度、自我を見性してみれば、わかることなんだ。
しかも、サンテPCさんは、その近くまできている。

たとえ「ワシは悟っとる」という返事が返ってきたところで、
信じることもできないんじゃないだろうか。

Don't Think.Feel!

赤雲水

サンテPC様の投稿

黒雲水

布施先生、昨日頂いた指摘凄い自分に合ってそうです。

修辞抜きで本音を暴きつつ観つつ書いてみました。 人を疑う心、外に罪を投影している心を観ようとすると、スッとどこかに消えやがります。 自我ってほんと厄介でセコい野郎ですわ、全く。

------------------------------------------------------------
「ワシは悟っとる」という返事が返ってきたところで、
信じることもできないんじゃないだろうか。
------------------------------------------------------------

はい、端から疑っております。 人の矛盾に敏感で、大抵はその器の大きさ・煽られた時の反応でどの程度の人かを判断します。 なので少し煽ってみましたが、コメントが2chのそれっぽくて判断しかねます。 過去にネットで何度も騙されて痛い目に遭ってますので、本物と偽物を見分ける嗅覚は人一倍あるんじゃないかなぁ。

根拠を欲するギャンブル的な心が問題でしょう。 信じず疑わず確かめる心で見性チャンスを得たいです。

ちょっとは文章短くなりましたかね??


秀爺様の投稿

サンテさん

相変わらず、ああでもない、こうでもないやっておりますな。

これは、布施さんも大変でしょう。

瞑想も何もしないで、悟った人をあなたは何人も知っているのでしたら、さっさとその方達に弟子入りしたらどうですか?

2chの煽りがどんなものか知りませんが、そこに入り浸っているあなたも、どうなのかなと思いますよ。

私はともかく、少なくても、あなたが、布施さんを慕っているのなら、静かに、そのああでもないこうでもないの自我を静観されてはいかがですかな?

あなたのうんちくは、一先ず、置いておいて、しっかり話を聞きましょう。

桃雲水

サンテPC様の投稿

青雲水

秀爺さん、謙遜抜き本音で書かせてもらいます。

------------------------------------------------------------
サンテPCさんは文章無駄に長いです。
これは、布施さんも大変でしょう。
瞑想も何もしないで、
さっさとその方達に弟子入りしたらどうですか?
私はともかく、静かに、そのああでもないこうでもないの自我を静観されてはいかがですかな?
------------------------------------------------------------

悟った方はこのような物言いをしない。 自分を棚に上げ、何か刺々しく攻撃的な感じが2ch特有だと感じるのです。 僕のことを慮ってというより、単にあなたのプライドが傷つけられたため?

------------------------------------------------------------
あなたのうんちくは、一先ず、置いておいて、しっかり話を聞きましょう。
------------------------------------------------------------

人って、煽られると正常な会話が出来なくなる。 これ2chや野球、ポーカーで学びました。 外界に罪を投影する自我の働きがそうさせているらしいです。 これ年取っても全く自覚ない人って、結構います。 僕の親父とか(笑) 彼らは皆他人には正論を言えるけど、自分のことになると途端に盲目になる。 「人のふり見て我がふり直せ」……これ僕の座右の銘です。 忘れがちだから。

------------------------------------------------------------
人の話を受け入れ難い、自我を見性されてはいかがですか?
------------------------------------------------------------

これはお互いさまのようですね。 もはや初めの頃と文体も変わってるし、サンテFXが云々という秀爺さん特有のひねりも失ってる。 (実はサンテPCって製品あるんですよ。知ってました?僕の愛用品です^^) 悟った方って自分は悟っていると、覚者は皆断言しています。 そこを曖昧にして悟りを開いた人というのは云々と他人に教え諭すのは道理に適ってないと思いますよ。

このやり取りで布施先生の指摘も頂き、ヴィパッサナがまた進歩しました。 本音のやりとりって凄く成長するんで大好き。 でもね、愚者に学ぶことと愚者を師にすることは違うし、オウム麻原のような例もあるんで信用に値する根拠で正師を見極めることは何より重要なんですよ。

【当山解説】
 「悟った方はこのような物言いをしない」
 こうした正師の人物像は修行者自身の自我が思い描かせているにすぎない。 しかし、真実の正師ならば自我の思い描く通りの存在であることはありえないだろう。 なぜなら、その自我を粉砕するのが真の正師だからである。
 このことを20世紀の覚者・和尚はこのように語っている。

正師は修行者の期待には合致しない

真の師(マスター)はけっしてあなたの期待に合致しない。 もし合致するとしたら、彼はマスターではない。 真のマスターがあなたの期待に合致するはずがない。 あなたの期待はあなたのマインドから生れる。 あなたのマインドが問題だ。 それは下水に流れ、あとかたもなく消えざるをえない。

真のマスターは、つねに衝撃であり、粉砕だ。 彼は絶対に自分をあなたに合わせようとしない。 そのとき初めて彼はあなたを破壊しうる。

真のマスターは慰めではない。 彼はあなたを粉砕しなければならない。 真のマスターはあなたを解体しなければならない―いかに彼が慰めでありえよう?

(和尚『一休道歌 下』-P.85「第2話 再誕生のプロセス」)
矢印マーク 一休道歌 下

風狂の禅師・一休の和歌で学ぶ禅。
こいつはイカシテル。


ジェフ様の投稿

布施さん、お久しぶりです。

夢窓さんがどっかいってしまって、残念なところにまた、サンテPCさんという似た感じの方が参上しておもしろいです。

秀爺さん、サンテPCさんのプッツンlボタン押しちゃった感があります。

ただ、どうみても2ch的な煽りをしているのは、サンテPCさんだと思うのですが・・・・

あまり、深入りしないでおこうっと

【当山解説】
 実はこの「ジェフ」という投稿者は正師・秀爺その人である。
 これが正師の煽りだ。凡人たちの2ch的な煽りとはその狙いが違う。 正師の刺々しく攻撃的な返答は、腹を立てているわけでも、プライドが傷つけられたためでもない。 「修行者の拠って立っている土台を揺さぶる」。 その一点だけが狙いなのだ。
 このことを20世紀の覚者・和尚はこのように語っている。

正師は修行者のエゴが大きな風船になるのを助ける

ふつう、あなたは質問に終止符を打つために問いに答える。 禅マスターは問いがますます鋭く、痛切なものになるように答えている。 彼は問いがその全容を現わすのを助けている。 彼は、質問はきわめて重要だが、師(マスター)はそれに答えることはできないという印象を僧に与えている。 彼は僧のエゴが大きな風船になるのを助けている。 そうすれば、小さな針で…風船は破裂する。

それは怒りから出たものではない。 それは怒りとは何の関係もない。 彼は腹を立ててはいない。 彼は苛立ちを覚えてはいない。

(和尚『一休道歌 上』-P.422「第9話 朝飯が冷えてしまうぞ」)

緑雲水

当山の投稿

赤雲水


------------------------------------------------------------
修辞抜きで本音を暴きつつ観つつ書いてみました。
人を疑う心、外に罪を投影している心を観ようとすると、スッとどこかに消えやがります。
自我ってほんと厄介でセコい野郎ですわ、全く。
------------------------------------------------------------

そうでしょう、そうでしょう。

自我を観察しながら書けるようになると、本心によって書いたものと自我によって書いたものの区別ができるようになると思います。 自我によって書いた文章を削れば完成というわけです。

------------------------------------------------------------
人の矛盾に敏感で、大抵はその器の大きさ・煽られた時の反応でどの程度の人かを判断します。
なので少し煽ってみましたが、コメントが2chのそれっぽくて判断しかねます。
------------------------------------------------------------

秀爺さんのレトリックは独特でね。 実のところ、私も最初は「ただのアホじゃないか」と思いました。 秀爺さんは直感を素直に文章に起こして書いてるんだよね。 私と違って論理的には説明しないから、言葉が少ないこともあって、判断に迷うわけ。

そもそも、般若ってのは「その器の大きさ・煽られた時の反応」とか「コメントが2chのそれっぽい」という次元で判断してたら、読み取ることはできないのさ。 秀爺さんはね。 その人が「観たくないと思ってるもの」とか「まだ気づいていないこと」を的確に見抜いてる。 それが般若なの。 だから、言われたほうは、まず「そんなことはないよ」と反論したくなっちゃうのね。

それに、何ていうのかな、登場するタイミングも悪いよね。 通りで侍が辻斬りするようなタイミングで登場してくるからさ。 「いきなり、何だ、コノヤロウ」となっちゃう。 まあ、これは人情だよね。

でも、こういうときは、20回くらい深呼吸してさ。 「もしかしたら自分が間違ってるかもしれない」なんて思って、一度、言われたことを自分に当てはめてみるのが心随観だよね。 そうするとさ。 「ん〜、間違ったことは言ってないかもしれないなあ」とか「たしかにそうかも知れんなあ」なんて思うかもしれないじゃない。

それでも「やっぱりオカシイ」と思ったらデコピンしてやればいいんじゃないでしょうかね。

------------------------------------------------------------
ちょっとは文章短くなりましたかね??
------------------------------------------------------------

さあて、どうかな?

もしも、サンテPCさんのミューズが「好し、好し」と言っていれば、それでOKです。


当山の投稿

ジェフさん、お久しぶりです。

------------------------------------------------------------
それにしても、夢窓さんがどっかいってしまって、残念なところにまた、サンテPCさんという似た感じの方が参上しておもしろいです。
------------------------------------------------------------

なるほど。たしかに似てるかもしれません。そうか、おもしろいもんですねえ。

------------------------------------------------------------
秀爺さん、サンテPCさんのプッツンlボタン押しちゃった感があります。
------------------------------------------------------------

そうなの?そのまま“ぷっつん体験”しちゃったら儲けもんだね。

【当山解説】
 夢窓と名乗っていた投稿者とサンテPCという投稿者は「人の話をあまり聞かない」という同じ問題を抱えていた。 実のところ当山がその事実を知ったのはこのときが初めてだった。
 このように正師・秀爺は間接的に当山を指導してもいたのである。 これが正師のやり方なのだ。

黒雲水

サンテPC様の投稿

桃雲水

自我を観ながら本音で書いたら、心がスッキリし、とても気持ちいいです。

でも僕の中のヤツが「おい、お前はまだ未熟者なんだから自省し、勇気出して人生の次の一歩を踏み出せ」と言ってます。 今私生活が正念場で、精神的にも参っていてちょっと焦ってたトコもあって、過激すぎたかも。 ヨーガの疑問を布施先生に全て吐き出し終えないと、次のフェーズへ進めなかったんだろうなぁ。

一連の質問や学習などで、朧げながらヨーガの道筋も掴めてきました。 ヨーガを歩む地図を得るまでは手探り状態で不安だったんです。人生これヨーガを中核に添えて爆進していきたいです。 ありがとうございました。


秀爺様の投稿

ようやく、サンテさんも自分の暴れる思考と向き合う気になったようです。

最初から謙遜的な事を言いながらも、どこか攻撃心に満ち溢れていました。

人の話を聞く。まずは聞くのです。

そして、心随観です。のたうちわめく思考と向き合うのです。

青雲水

サンテPC様の投稿

緑雲水

秀爺さん、おかげで色々学べましたよ。

暴れる思考を観ながら本音書いたら凄いものを得られたし。 攻撃心ねぇ、まぁのんびり自我と対峙していくことになるだろうな。 お前明石家さんま並みによぅ喋るなと人によく言われるけど、話聞くのは苦手で。 傾聴ってノリがリアルにありゃいいけど。 私の弱点を見破られましたな(笑)

ヴィパッサナ、奥深すぎ。 こっから急激に人生変わりそうで楽しみです。

【当山解説】
 このサンテPCと名乗る青年もなかなかのものだ。
 自我がパンパンに膨らんだ風船のようになったところが最大のチャンスなのである。 なぜなら、その時ちょっと自我を観察してみるだけで一気に洞察が起こり、自我が落ちるからだ。
 どうやら彼は正師・秀爺の作り出した機会を最大限に活用して自我の一瞥に成功したらしい。 ついに彼は禅の入口に立ったのだ。禅者誕生の瞬間である。


当山雑感

般若(智慧)の目覚めている人物の言葉はよくよく注意して聞かなければならない。 その狙いは、普通の人の投げてくる言葉とはちょっと違うところにあるからだ。 そのことがわかっていないと正師の作り出してくれたせっかくの機会を逃してしまうことにもなるだろう。

正師は修行者の抱えている心の問題を的確に見抜いて指摘してくる。

正師の言葉の性質

私は、あなたの質問に答えるというよりも、なぜその質問があなたに起こったか、その理由に答える。 だからときとして、私があなたの質問に直接答えていないかのように感じられることがある。 ときには私が少し遠まわしの、直接的ではない言い方をするので、あなたは驚くことさえあるかもしれない。 ときには出された質問を私が避けていると思うことさえあるかもしれない―。 そうではない。私のここでの努力全体は、質問に表面的に答えることではなく、その深層で、どこから、なぜそれが生じてきたかに答えることにある。

(和尚『一休道歌 上』P.477 第十話 誰もいません、王様)
赤雲水
肴はとくにこだわらず厳選情報

HPランキング参加中!

凡人たちにも本物のスピリチュアルを!

ワンクリック運動に参加しませんか?

ブッダの瞑想法―ヴィパッサナー瞑想の理論と実践

坐禅入門の決定版!

心の欠陥を克服する唯一最善の方法は坐禅・瞑想を実践することです。そして、この本以上の坐禅・瞑想の入門書を私は知りません。

実修 真言宗のお経

真言は法蔵の扉を開く!

空海の言ったことはホントかウソか? 実践してみればわかること。

わが家の宗教 臨済宗

毎日唱えたいお経CD

大乗経典の要諦を示した『菩薩願行文』 坐禅の真髄を説いた『坐禅和讃』 気の通りをよくする『延命十句観音経』。附録CDの充実した一冊。

5つのチベット体操-若さの泉・決定版

これはエクササイズの革命だ!

たった5つの体操を毎日続けるだけで体調は良くなるわ、痩せるわで驚きの効果が・・・!?食事に関するアドバイスも実に簡潔で的を得たもの。これはエクササイズの革命だ!

決定版 真向法

チベット体操と併せてどうぞ。

たった4つの体操を毎日続けるだけで怪我を予防するための柔軟な筋肉を作れます。チベット体操と併せてどうぞ。

魂をゆさぶる禅の名言

何にもならない坐禅はやめよう!

坐禅は単なる心の慰めではありません。坐禅を人生に役立てるための智慧がここにあります。救いのある仏教の入門書。