トップ写真 ゆんフリー写真素材集
Contents menu
Google Search
Google
Web サイト内
関連記事リスト

【BBS:Q&A 60】38歳発狂の序曲

仁悟の坐禅相談室『坐禅の智慧で答えます。』 38歳発狂の序曲

Presented by

2015年2月:スシュムナ様より


スシュムナ様の投稿

大丈夫ですか?

観を煮詰めても、その土台がなければ頭でっかちになってしまうと思います。 果てはニーチェのように自分ノックアウトしちゃいそうで怖い。

その智慧こそ禅定のなかから湧き出るものではないですか?
根っこ無くして咲く華があるのでしょうか??

チャクラ。

頭部のそれらは意識しやすい。 すぐ視線の届く位置にありますから。 でも肚にはなかなか火が点かない。 しかし点いてしまえば燃えるエネルギーを他のチャクラにも供給し、総合的なバランスが得られると思います。 眉間が活発で臍下はダンマリでしたらそれは危ないですよ。

なんというか頭のなかで陰火が燃えていませんか。 どうか悪しからず、違っていれば謝りますから。

【当山解説】
 この投稿は『かなりキワどい坐禅作法』の冒頭部分「縁覚道の地図3」にコメントされたものだった。
矢印マーク 【坐禅作法83】縁覚道の地図3―試練の意義―
 この投稿者は「智慧こそ禅定のなかから湧き出るものではないですか?」と書いているように典型的な“禅定バカ”の発想をしている。 おかげで「観(ヴィパッサナ)により得られる智慧と止(サマタ)により得られる禅定は別々の功徳であり、禅の入口では両者は双修されなければならない」と何度説明されても理解できないほどオツムが逝ってしまっていた。 いわゆる“聞く耳が閉じている”という状態だったのである。
 なんでも密教的行法に興味を持った32歳の時点で小周天ができてしまったそうで、そのまま当山の説いている心随観のような内観の重要性に気づくことなく30代を無駄に過ごしてきてしまったらしい。 この投稿のあったときには38歳を迎えていた。 けれども、そうした内観をないがしろにした思考習慣のため、自分に都合のよい話以外はまったく受け付けない性質となり、精神分裂症の典型的症状であるコミュニケーション障害を発症することになった。 この時点で、もはや簡単な文章の意図も伝わらなくなっていたのである。
 また、この投稿者は36歳のときにクンダリニー覚醒未遂事件を起こしていたのだけれど、この投稿の時点まで当山はそのことに気づいていなかった。 このやりとりには当山がその事実に気づいていく様子が描かれている。 正統の禅の修行者諸君におかれましては、この投稿者の体験談を反面教師とすることで、クンダリニー覚醒未遂の予防に役立ててもらいたい。 「バカとハサミは使いよう」である。

赤雲水

当山の返答

黒雲水

精神分裂や発狂を起こす原因はチャクラも気も関係ありません。 “行”によって予防することは不可能です。 そういう意味ではまったく的はずれとしか言いようがない。

そんなことより、そろそろ己れの思考パターンを観察できるようになった方がいいのではないでしょうか。 スシュムナさんが投稿してくる時というのは一定のパターンがあります。 この文章を書き始めたとき、心の中にどのような動きがあったのか?

「傷つくまいと身構えてしまう心の中の感情の動き」
「それがために自分に都合の好い理論に依存する感情の動き」

それを観察するんです。 「観察をないがしろにする禅定バカが一番危ない」という事実を私は発見して、現在それを証明しようと試みているんです。 私の仮説をみずからの精神分裂や発狂で証明する前に、今すぐ観察(ヴィパッサナ)を身につけるのが得策ではないでいしょうか。 そうすれば、こんな無智な発言はしなくなる。

------------------------------------------------------------
その智慧こそ禅定のなかから湧き出るものではないですか?
------------------------------------------------------------

だいたい君、智慧なんか湧き出てないでしょう?

このサイトに最初の書き込みをしてから一年くらい経つのに、いまだに こんなこと言ってるのって、やっぱりおかしいんだよね。 だから…なんか、これ、気になる。

------------------------------------------------------------
頭部のそれらは意識しやすい。すぐ視線の届く位置にありますからでも肚にはなかなか火が点かない。しかし点いてしまえば燃えるエネルギーを他のチャクラにも供給し、総合的なバランスが得られると思います。
------------------------------------------------------------

そもそも私が説明しているのは、頭部の丹田が活動している状態のことではなくて、そこに気の流入口できていると言っているだけです。 そこから足まで伸びる気道を感じると言っているだけなんです。

普通はチャクラあるいは丹田が活動を始めるのは“悟りの軌道”に入ってから九年目以降のはずだから、八年目でまだ40歳の私はチャクラの活動は開始されていない。 今年か、来年か、さらに眉間となると44歳以降からなんだ。

もし、すでに動いているとしたら、君は私よりひとつ前の九年周期の軌道に乗っていて、なのに、いまだに観察ができていないみたいだから、35〜36歳あたりでクンダリニー覚醒に失敗して流産してることになるんだけど…。 あれ、やっぱりクンダリニー覚醒未遂事件だったのかね?

どういうわけだ?さっぱり、わからん。

― 追記 ―

さっき頭頂が開いたときの体験を読み返したんだけど、あれ36歳だろうか。 とすると…「気感を得られた4年前」って32歳だよね。

なんか、わかっちゃったよ。 でも、たぶん詳細は知らないほうがいいとおもう。 おそらくこの先の記事も読まないで粛々と精進したほうが幸せに違いない。

短い間だったけど楽しかったよ。お互い精進しような。


スシュムナ様の投稿

ちょっと待ってくれ、あなた蓮華の感覚、いままでなかったのかい?
回転とかなんとか散々言ってたじゃないの。全部、飛ばしなの?

八年目の私はまだチャクラの活動は開始されていないとか、悟りの軌道とか、44歳とか、あなたの仮説は滑らなかった試しが無い。 よって突然こんなことポコっと言われても余裕で全部却下。

だって私自信に7つとももう2-3年前から、後ろから前からアリアリ感覚あるもの。 あなたがよく見霊、見霊とかいうけど、見えないものがチラチラ見え始めて2年以上経つし、何より瞑目してクルクル廻る風車状のそれ、腹の中の火などなどハッキリみえてるんだけど。

なにがわかっちゃたのか知らんけど、もっとしっかり分析せんかい!!

桃雲水

当山の返答

青雲水

君、クンダリニー覚醒未遂したんだよ。だから、36歳の頭頂開のとき条件を満たしていなかった。

夢に変化が現れたでしょ。 おそらく頭頂開の時点よりずっと前に変化が始まってるはずだ。 32歳か33歳くらいから。 それなのに観察をしようとしなかったから、精神分裂症の症状がかなり進行しちゃってる。

そうほのめかしてるのに、君ときたら全く読み取れてないんだよね。 普通の人と同じように文章を読めない。 それは精神分裂症の典型的症状なんだ。

私の書く記事はバベル語が混在しているから読みこなすのはたしかに難しい。 でも、他の人たちはみんな努力してちゃんと読み取ってくるんだ。 君のように著しく誤読してくるのは精神分裂症の連中だけなんだよ。

それはコミュニケーション障害としてもしっかり現れている。

君のように迷惑コメントを何度も平気で書き込むのも普通の行動じゃない。 つまり、日常の常識的行動もできないわけだ。 しかも、それを自分でおかしいとも思わない。 それも、精神分裂症の典型的症状なんだよ。

だから「知らないほうがいい」って言ったんだ。 もはや君にはかける言葉がみつからないよ。


スシュムナ様の投稿

だから覚醒未遂したんだよ。 真気発動=クンダリニー覚醒とは思ってないと言ったろ。

派手な上昇があったってだけで真火煉形ってやつ。 それとヨーガは似て非なるもの。 クンダリニーだけは起こさないよう努力してたらそうなっちゃったという話。 誤読したのはそっちだぜ。

あんたにとっちゃ、そこら辺の犬、猫にワンワン、ニャーニャーやられりゃ、そりゃもう立派な精神分裂なんだろ^^;

仮にも禅を謳うヤツがイチイチ取り乱すな。 無駄火消して、肚に真火を点じてさえくれれば、いくらでも言葉なんぞ見付かるわ。

緑雲水

当山の返答

赤雲水

ほら、また誤読してら。

クンダリニー覚醒未遂事件=精神分裂症の末期=発狂の序曲

と言ってるの。 これはR・シュタイナーが『いか超』で「流産してしまった」と表現している状況で、ちょうどこの記事の話題にもなってるわけ。 どうやったらそんな風に誤読できるのか私にはワカランよ。

普通の人は、書き手が文字にどんな意図を含ませているのかを読んでいる。
精神分裂症患者は、自分が文字からどんな印象を受けるかしか問題にしない。

君は完全に後者だ。

間違いなく精神分裂症を発症してるから、カウンセリングを受けに行ったほうがいいとおもう。


スシュムナ様の投稿

きみ自身が普通に普通の人なんですと言いたいのか。
シュタイナーなんぞ舶来にいつまですがるか。

精神の首座は肚だぞ、分裂は頭の中の話だぞ。

黒雲水

当山の返答

桃雲水


------------------------------------------------------------
精神の首座は肚だぞ、分裂は頭の中の話だぞ。
------------------------------------------------------------

まずカウンセラーに会ったら、これを第一声で伝えるといい。
正しく診断してもらえるに違いない。


当山雑感

38歳には運命のクロスポイントがある。

38歳にはヨーガで性質(グナ)と呼ばれるカルマの種子の発芽するポイントがあり、当山はそこを“38歳の運命のクロスポイント”と呼んでいるのだけれど、このクロスポイントでカルマの種子が発芽すると、その後の29年間の運命の大筋がそこで決まってしまう。 そのためロクな生き方をしてこなかった人物は、37歳の後半になると運命から警告を与えられることもあるらしい。

このスシュムナと名乗る修行者も、この投稿の3〜4ヶ月前にあたるまだ37歳のときに当山から警告を受けに来ていた。 「いますぐ観察をはじめなければ手遅れになる」と。 その警告を無視したまま38歳を迎えた彼は、このとき、とうとう引導を渡されにやってきたのだろう。 この投稿のやりとりでは自身でも当惑してしまうくらい厳しい応対をすることになった。

こうして引導を渡す役分を果たすときはなんともやりきれないものである。

青雲水
肴はとくにこだわらず厳選情報

HPランキング参加中!

凡人たちにも本物のスピリチュアルを!

ワンクリック運動に参加しませんか?

ブッダの瞑想法―ヴィパッサナー瞑想の理論と実践

坐禅入門の決定版!

心の欠陥を克服する唯一最善の方法は坐禅・瞑想を実践することです。そして、この本以上の坐禅・瞑想の入門書を私は知りません。

実修 真言宗のお経

真言は法蔵の扉を開く!

空海の言ったことはホントかウソか? 実践してみればわかること。

わが家の宗教 臨済宗

毎日唱えたいお経CD

大乗経典の要諦を示した『菩薩願行文』 坐禅の真髄を説いた『坐禅和讃』 気の通りをよくする『延命十句観音経』。附録CDの充実した一冊。

5つのチベット体操-若さの泉・決定版

これはエクササイズの革命だ!

たった5つの体操を毎日続けるだけで体調は良くなるわ、痩せるわで驚きの効果が・・・!?食事に関するアドバイスも実に簡潔で的を得たもの。これはエクササイズの革命だ!

決定版 真向法

チベット体操と併せてどうぞ。

たった4つの体操を毎日続けるだけで怪我を予防するための柔軟な筋肉を作れます。チベット体操と併せてどうぞ。

魂をゆさぶる禅の名言

何にもならない坐禅はやめよう!

坐禅は単なる心の慰めではありません。坐禅を人生に役立てるための智慧がここにあります。救いのある仏教の入門書。