トップ写真 ゆんフリー写真素材集
Contents menu
Google Search
Google
Web サイト内
関連記事リスト

【BBS:Q&A 44】精神分裂症発症

仁悟の坐禅相談室『坐禅の智慧で答えます。』 精神分裂症発症

Presented by

2014年5月:夢窓様・覚者様より


夢窓様の投稿

ユングはフロイトとの関係を終わらせました。 その関係を見限りました。

フロイトの理論は個人の持説の域を出ていない。多様性がない。 彼がその説に固執したのは、性的コンプレックスからの解放が彼の宗教体験の核心なものであったにすぎなかったためでしょうけど、そのために体験に理論を構築して逸脱してしまった。 そしてその意志を英雄的に押し付けようとした。

関係がもはや障害でしかなかったことに気づいた。 またそれを続けなければならないというという義務もない。 そうとわかれば遠慮などしない。 そんなものは躊躇わず切り捨てる。

あなたとの関係がまさにそれです。 これ以上続けるのは茶番でしかない。

『今、レーベンスヴェンデ鬼にある人は、よく耳を澄ませてごらん。 その親の口からは人生を無駄に過ごした言い訳しか出てこないはずだ。 』

皮肉な言葉ですね。 僕の中であなたの作った地図はすでに破綻している。 今思えば、そんなものは昨年の時点でとっくに破綻していたのです。 それなのに流されてしまったのは自分の中に欲目や欺瞞があったからです。 白々しい関係を続けてしまったのは、他人の都合の良い言葉を鵜呑みにしてしまったからです。

束縛や障害の観念を増やすことにしかならないのだとしたら、 こんな関係は終わりにしたほうがよい。僕はもと来た道へ帰ります。

赤雲水

当山の返答

黒雲水

>フロイトの理論は個人の持説の域を出ていない。多様性がない。

「夢分析」を生み出した功績はユングも認めるところですから、フロイトの理論に多様性がないわけではないと思います。 たしかに問題はありますけど…。

ユングとフロイトの決別の原因は、ユングがフロイトの悟境よりも先に進んでしまったために、フロイトがユングの言うことを理解できなくなったからです。 そこでユングは、自身の信念を貫くために、フロイトと袂(たもと)を分かつ必要性を強く感じたのだと思っています。

>束縛や障害の観念を増やすことにしかならないのだとしたら、
>こんな関係は終わりにしたほうがよい。僕はもと来た道へ帰ります。

どんな関係があったのかさっぱりわかりませんけど、私の悟境よりも先に進んだというのでしたら、未熟な私には何もかける言葉がございません。 そもそも私は自身の歩んできた禅の道を記しているだけですから、参考にならないと思ったら自分の信じたように歩めばよろしい。 他人がどうしようと、それは私の管轄外の出来事であります。

といいますか…

私に言われた言葉で、随分と動揺しているみたいですね。 でも、そいつが自我の正体なんです。 そこをしっかり観なきゃいけない。 心の動揺に振り回されている原因を他人の私に責任転嫁したところで何の解決にもなりません。

もし、ユングきどりを続けたいなら勝手にしたらいいでしょう。 ただし、その場合は、精神病院に入院するしかないと思います。 精神分裂症はインターネットや本で知識を得るより、専門の治療を受けた方がいいからね。

それが嫌なら、ちゃんと自我を観て人格を統合しなきゃいけないよ。


夢窓様の返答

honnto ni dasaiyo anta

『他人の私に責任転嫁したところで何にもならないんだ。』

責任転嫁したんじゃない、切ったんだよ。 そんなこともわからないのか。 切ったんだよ、自分の中毒的な部分を。 だからあなたとの関係だってもう続けられるわけがない。 もう欺瞞でしかないからね。

ユングきどり?ユングのやり方は甘い。

>『私に言われた言葉で、随分と動揺しているみたいですね。 でも、そいつが自我の正体なんです。』
>『もし、ユングきどりを続けたいなら勝手にしたらいいでしょう。 ただし、その場合は、精神病院に入院するしかないと思います。』
>『それが嫌なら、ちゃんと自我を観て人格を統合しなきゃいけないよ。』

どれもこれもアンタの言葉はもう何も響いてこない。 自分にご都合な言葉で夢見てろよ。

桃雲水

覚者様の投稿

青雲水

夢窓よ

相変わらず、やっとるな、ハナタレ小僧が! ぬしはたくさん知識は持っておいでじゃが、どこかまだ、嘘くさいのじゃ。 ぬしがJingoや六郎のブログで参考にすべきなのは、書いてある事が高尚かどうか以前に、彼らなりに理屈じゃなく、体感にまで落とし込もうとしている過程を学ぶのじゃ! ぬしがその状態でブログを書いても現実味のないマニアしか集まってこんじゃろな。 喝!


夢窓様の返答

覚者さん、やっと出てきた。

そのアドバイスは受け止めますけど、それでは、そこまで言うのなら、そんなに今、僕がやってることは間違っていますか? 人の言うことに甘んじていればいいですか?

やり方が不器用だとしても、譲れないところはあります。

緑雲水

覚者様の投稿

赤雲水

夢窓よ

ぬかせ、あほんだら。 フロイトとユングの関係を自分とJingoのそれに置きかえるなんぞ、十年早いわ! ぬしのそのような突っかかりは、Jingoが初めてではないじゃろ。 理論武装するな、手法探しはやめて、その思考パターンを見んかい。 また、違うよさげな人見つけても、内心、あら探すじゃろうな。 僕が持ってる知識のほうがすごいぞと優位に立ちたいんじゃろ。


夢窓様の返答

>ぬしのそのような突っかかりは、Jingoが初めてではないじゃろ。

そういうことは時々あります。競争し合ってるんです。

>理論武装するな、手法探しはやめて、その思考パターンを見んかい。また、違うよさげな人見つけても、内心、あら探すじゃろうな。

その通りだと思います。 だからもうこのブログを去りますし、このブログだけでなく際限なく宗教的なブログや掲示板を覗くのも止めようと思っています。

>僕が持ってる知識のほうがすごいぞと優位に立ちたいんじゃろ。

いいえ、優位とか下位とかそういうことはもう止めにしたいんです。

桃雲水

覚者様の投稿

青雲水

夢窓よ

>そういうことは時々あります。競争し合ってるんです。

それが優位に立つということじゃ。

仮にぬしが、山頂への道筋を知識としてJingoより多く知っていたとしよう。 そして、ぬしがもっと山頂に近い人を見つけその入り口にちょっと入っては抜け、またもっと近い人を見つけちょっと入り口に入っては抜けしたら、ぬしはずっと入り口をうろちょろしているだけじゃろが!! もっと覚悟をもって進まんかい! 同じ景色にたどりついて、それでもぬしの方が先の景色が見えるなら進めばよかろう。 これではらちがあかん。


夢窓様の返答

>もっと覚悟をもって進まんかい!

はい、未練を残さないよう、遠慮せずにやらせていただきました。 皆さん、お世話になりました。これで終わります。

さようなら。

緑雲水

覚者様の投稿

赤雲水

夢窓よ

待たんか!ここへ来んか、はなたれ!ゲンコツをはってやりたいとこじゃ。

おぬしは、Jingoに素質を認められたんじゃろが!
違うふうにプッツンしてどうするのじゃ!そこで逃げてはならぬ!
ぬしは何もわかっちょらん。

ぬしは、例えるなら、あるレストランの味を気に入り、厨房に修行に入ったわいいが、ちょっと、理不尽なことがあると、本屋で買った、フランスの三つ星レストランのシェフが書いた本をたてに、この本にはこう書いてありますが、こんなやり方僕はこんな料理作れるんですか?ときいてるみたいじゃぞ。 修行時代にそんな態度で一流シェフになるのがいるかのう…。


当山の投稿

覚者様、こんにちわ。

ユングの自伝の中に「すべての患者が治療を受けられるわけではない」とあったのが印象に残っています。「肝心なところで逃げ出してしまうから」と。

頭でわかっていても心で抵抗してしまうものなので、私も夢窓さんと同じくらいの段階にいた頃は「もう無理だ、普通の男の子に戻りたい…」なんて毎日呟いていました。 ただ、あそこで逃げ出していたら、現在でも私の人格は奇妙に分裂したままだったでしょうから、逃げ出さなくて良かったと思っています。
それにしても、逃避のための思考パターンは人それぞれで、近頃は意外な反応に驚くばかりです。覚者様が以前おっしゃっていましたけれど、世の中にはホントにいろいろな人がいますね。

桃雲水

覚者様の投稿

青雲水

困ったもんじゃ、多少、御託は多いながらも、Jingoのもとで励んでいると思ってたんじゃがのう。

修行の過程において、一度は徹底的に師に従うという時期も必要じゃと思うがのー。 つまり、師の言う事に、はい、御意、押忍以外は必要ないということじゃ。 少し受け容れて、従っているように装うというような中途半端に片足を突っ込むくらいでは、ただの徒労に終わってしまうんじゃがのう。

まあ、まずは手法探しの旅に別れを告げるまで続くかのう、この徒労は・・・。


当山雑感

精神分裂症を発症するときは自分の行動や思考を他人に操られていると感じ始める。 その症状を精神医学では作為体験(あやつられ体験)とか思考奪取などと呼ぶのだけれど、ここにある事例はその症状を発症した典型例といえるだろう。

その症状から抜け出す道は、自分の行動や思考を他人に依存する傾向のある己れの思考パターンを観察することにある。 ところが、この夢窓と名乗る修行者は「自分は依存を強制されている」と他人に責任転嫁することで、症状を抜け出そうとしていることがわかるだろう。 そのままでは精神分裂症の症状は悪化の一途をたどるしかないのである。

このとき、この修行者は32歳の誕生日を迎えようとしていた。

緑雲水
肴はとくにこだわらず厳選情報

HPランキング参加中!

凡人たちにも本物のスピリチュアルを!

ワンクリック運動に参加しませんか?

ブッダの瞑想法―ヴィパッサナー瞑想の理論と実践

坐禅入門の決定版!

心の欠陥を克服する唯一最善の方法は坐禅・瞑想を実践することです。そして、この本以上の坐禅・瞑想の入門書を私は知りません。

実修 真言宗のお経

真言は法蔵の扉を開く!

空海の言ったことはホントかウソか? 実践してみればわかること。

わが家の宗教 臨済宗

毎日唱えたいお経CD

大乗経典の要諦を示した『菩薩願行文』 坐禅の真髄を説いた『坐禅和讃』 気の通りをよくする『延命十句観音経』。附録CDの充実した一冊。

5つのチベット体操-若さの泉・決定版

これはエクササイズの革命だ!

たった5つの体操を毎日続けるだけで体調は良くなるわ、痩せるわで驚きの効果が・・・!?食事に関するアドバイスも実に簡潔で的を得たもの。これはエクササイズの革命だ!

決定版 真向法

チベット体操と併せてどうぞ。

たった4つの体操を毎日続けるだけで怪我を予防するための柔軟な筋肉を作れます。チベット体操と併せてどうぞ。

魂をゆさぶる禅の名言

何にもならない坐禅はやめよう!

坐禅は単なる心の慰めではありません。坐禅を人生に役立てるための智慧がここにあります。救いのある仏教の入門書。