トップ写真 ゆんフリー写真素材集
Contents menu
Google Search
Google
Web サイト内
関連記事リスト

【BBS:Q&A 18】因果律の関数

仁悟の坐禅相談室『坐禅の智慧で答えます。』 因果律の関数

Presented by

2012年4月:夢窓様より


夢窓様の投稿

運命は予め決められているのか、いないのか、変えられるか、変えられないか、 という話で、人には意思と選択する自由が与えられているということでしたけど、 結局変える必要もないということになってしまうのですね。

ごめんなさい、ちょっとオツムの限界に来てしまっているようです。

いや冷静になって、もう一度考えて.... 意思も選択する自由も与えられているけど、他人を変えることはできない。 一見、他人を変えることができるように見えて、実は本人が自分の意思に沿って自らを救っているにすぎない。 よって、人の内に在る創造性、意思と神性を第一に尊重しなければならない。 よって、聞く耳を持って、求められなければ、時節が整っていなければ、何も変えようとする必要はなし。 変える必要があるのは、他者が変わる必要があると思い続けている自らの思考だけである。

はい、ここまでは大丈夫です。

微妙なのが、人として生きている以上、 教え教わるということを、していくことは避けられないようにも思えるのですが。
要は情報開示、交換の様なものは、内容の差はあれ、生活する上で常に行われることですよね? 声聞道にある者はいかなる注意や、説教、情報の開示もする必要がないのでしょうか? それとも忠告はやんわりしてみて、相手の反応次第ですか?

いやなんかこんなことまで質問するのは変ですね。自分で確かめられる機会は幾らでもありそうですね。

たぶん圧倒的に興味を示されない方が多いんだろうな。拒絶反応起こされたり。
禅者と世間の興味の対象はかけ離れていく一方ですから。
相手の興味のレベルに外れないものの中から、良いものを与えていくことができれば、十分なのかもしれませんね。

とっても、大人な対応ですね。 もう少し沈思してみます。

矢印マーク 『声聞道入門』への投稿

赤雲水

当山の返答

黒雲水

どうやら夢窓さんは心随観のコツを掴んだようですね。

自己解決する能力を身につけてしまったようですから、 ほとんどコメントする必要はなさそうであります。

運命論については『ちょっとはマシな坐禅作法』はまだ未完ですから、 今のところ誤解を与えてしまっているのかもしれません。

まず『ちょっとはマシな坐禅作法』は3つの修行法から成り立っています。
1.因果観
2.創造活動
3.坐禅・望景内などの行による気の身体の調整

それで「結局何も変える必要もない」とは主に因果観に関する問題でして、 因果観は怒りや自己憐憫、つまりは“菩薩きどり”の克服を目的とした修行。
「意思と選択する自由は与えられているか」とは主に創造活動に関する問題で、 創造活動は将来不安や自分の才能に対する疑心暗鬼の克服を目的とした修行。
どちらにしろ自我の饒舌(おしゃべり)を止めるというゴールに至るわけですが、 ちょっと毛色が違うのであります。

また、釈迦の三法印も誤解を与えかねないものかもしれません。
○諸行無常印:あらゆるものごとは移り変わるから手に負えない。
○諸法無我印:ものごとは自分の思い通りになるものではない。
これでは、まるで運命は変えられないと言っているようです。

そこで、簡単な数学のお話を考えてみるといいと思います。

f(x)=y (公正普遍の原理:x≦0のときy≦0,x≧0のときy≧0)

因果律とはこういう単純な関数であります。
f(x)=yとはxという変数を関数f()の中に入れるとyがポンと出るということ。
つまり、xが“原因”で、yは“結果”です。
x≦0のとき、つまり悪い原因を関数f()にぶちこむとy≦0悪い結果になる。
同様にx≧0のときは良い原因を関数f()に入れることになるので良い結果y≧0。
ただし関数f()はブラックボックス、つまり神の領域ですから変えられません。

したがって結果yも思い通りにはならないことになりますが、
これを逆に言うと、変えられないのはf()の中身だけです。
つまり関数f()にぶちこむ原因xはいくらでも変えられるわけです。

x≧0のときy≧0という関数の条件は公正普遍の原理ですから、
x≧0という良い原因だけをぶち込むようにしていれば間違いないわけです。

要するに人間は間接的になら結果に影響を与えられることになります。

ところがオツムの調子がイマイチなうちは、 因果律にしたがって心の成長を遂げるよりも、 運命や宿命を自分に都合良く変えることを目標として躍起になってしまうものです。 そこで関数f()を構成している変数を操作して思い通りの結果yを得ようとしてしまうため、 いつまで経っても悪い原因であるx≦0をぶちこみ続ける。それがイケナイというわけです。

どのみち原因xを変えるのは自由なわけですから楽しい結果yだけを得ればいい。
もしも悪い結果yに直面したときは悪い原因xを変えるための絶好のチャンスとなる。
その範疇で面白可笑しく生きればいいと思うのですが、どうでしょうか?


夢窓様の返答

ごめんなさい、やっぱりまだピンと来ないので、自分には少し早いのかと思われます。

どういうことだかわかりませんけど、 とりあえず原因と結果の法則の不変性と過去の行為によって実を結んだ現実を受け入れること、 今の行為によって未来が創り開かれていくこと信じる、と理解しておきます。

>自己解決する能力を身につけてしまったようですから、 ほとんどコメントする必要はなさそうであります。

未熟者の相手は骨が折れることだったと思います。
惜しみない助言に深く敬意を払い感謝します。
現代の行者は洞窟ではなくて、ブログ上にいるのですね。

自分で責任取る覚悟があれば、いろいろと経験もできそうです。

私も少し語りたがりの口を慎みます。
他人を無理に説得する必要もないことも腑に落ちてきました。 正論や、力でねじり伏せても、相手の心が変わるわけでもないですし。 他人がどう考えてようがほっといて、そんなことより自分の興味のあることに夢中になっている方が楽しいです。 人を裁く必要がなくなれば、手を差し伸べられる。

被害妄想は止めて見てみると、いろんなところにヒントは転がっていますね、他人は自分の心を映す鏡です。 日々気づかされます。 心が軽くなっていきます。 日々変わっていく自分の心を、ふと狂気じみて感じたり。

やっぱり語りすぎかな。 しばらく追いこんでみます。

>どのみち原因xを変えるのは自由なわけですから楽しい結果yだけを得ればいい。 もしも悪い結果yに直面しときは悪い原因xを変えるための絶好のチャンスとなる。 その範疇で面白可笑しく生きればいいと思うのですが、どうでしょうか?

生まれる時に決めてきた青写真は変えることも、知ることもできないけど、 人生は幾らでも変えることができるということですか。
与えられた運命の範疇、幅の中で、自由気ままにベストを尽くして生きればいい。
運命は変えられない、でも人生は変えられる。
人生に挑むこと、人生を変えること、それもまた運命。
仏陀の言っている「中庸」って、そういうことかなって思いました。

青雲水

当山の返答

緑雲水

>人生に挑むこと、人生を変えること、それもまた運命。

変わらぬ信心は運命より強い。
運命はいくつかの原因の結果で、ほとんど偶然の産物だ。 それゆえ、それはゆるく織り込まれている。 自信と正しい期待が、それをたやすく克服するだろう。

(『アイ・アム・ザット』P.94「22 生命は愛、愛は生命」)

(質問者)私が絵の仕事に従事することは、 私の誠実さを否定することになるでしょうか?

(マハラジ)もうすでに言ったはずだ。 あなたが平和な時間を豊富に許すかぎり、 あなたのもっとも敬うべき仕事を間違いなく実践できる。 それらの内なる沈黙の時間がすべての障害をかならず焼き尽くすだろう。 その効力を疑ってはならない。試してみなさい。

(質問者)ですが、私は試したのです!

(マハラジ)けっして忠実にではなく、堅実にでもなかった。 そうでなければ、あなたはこのような質問をしたりはしないだろう。 自分に確信がもてないから尋ねるのだ。 あなたに確信がないのは、体験にばかり注意を払って、 けっして自分自身に注意を払わなかったからだ。 すべての体験を超え、あなた自身に興味をもちなさい。 あなた自身とともに在りなさい。あなた自身を愛しなさい。 究極の安全は自己知識のなかにだけ見いだすことができる。 重要なのは誠実さだ。自分自身に正直でありなさい。 そうすれば、何もあなたを裏切ることはない。

(『アイ・アム・ザット』P.234〜235「47 あなたのマインドを見守りなさい」)

(質問者)つまり、私は活動的な人生という考えすべてを 捨て去らなければならないということでしょうか?

(マハラジ)まったくそうではない。 そこには結婚が、子供が、そして家族を維持するために 収入を稼ぐことがあるだろう。 すべては出来事の自然な流れに沿って起こるだろう。 運命はそれ自身を満たしていかなければならないからだ。

(『アイ・アム・ザット』P.337〜338「66 幸福へのすべての探求が不幸だ」)

いつであれ、あなたに求めずともやってくるものは 神から贈られたものであり、もしそれを精いっぱいに使うなら、 かならずやあなたを助けることだろう。 あなた自身の想像と欲望から、骨を折って手に入れようとするものだけが あなたに困難を与えるのだ。
(『アイ・アム・ザット』P.509「95 人生を起こるがまま受け入れなさい」)


>仏陀の言っている「中庸」って、そういうことかなって思いました。

非利己的な仕事は沈黙へと導く。 なぜなら私利私欲なしに働くとき、あなたは助けを求める必要がない。 結果に頓着せず、もっとも不適切な方法で働くことも厭わない。 才能のあるなしや、用意が整っているかも気にせず、 認められることも援助も求めない。 あなたはただ為すべきことを為し、成功や失敗は未知なるものに預ける。 なぜなら、すべては無数の要因によって起こり、 あなたの努力は、そのなかのひとつにすぎないからだ。
(『アイ・アム・ザット』P.221「45 去来するものは存在をもたない」)

もしあなたがただ静かにするように試みるならば −仕事、仕事のための能力、正しい動機、 すべてはやってくるだろう。
(『アイ・アム・ザット』P.267「53 満たされた欲望は、より多くの欲望を生みだす」)

未来のことを心配してはならない。 今、静かで在りなさい。 そうすれば、すべては正しい場所に収まるだろう。 予期しなかったことが、かならず起こるだろう。 期待して待っていたことは、けっして起こらないかもしれないのだ。
(『アイ・アム・ザット』P.267「53 満たされた欲望は、より多くの欲望を生みだす」)

サットグル、永遠の師は道そのものなのだ。 ひとたび道が目的地であり、あなたはつねに道の上に在り、 目的地に到達することではなく、 その美しさと智慧を楽しむことを悟れば、 人生は仕事ではなくなり、それは自然でシンプルに、 それ自体で歓喜となるのだ。
(『アイ・アム・ザット』P.444「83 真のグル」)

というわけで禅に入門した私は結局ニサルガ・ヨーガに行き着きました。
以上『アイ・アム・ザット』よりザット抜粋。

矢印マーク 『アイ・アム・ザット 私は在る』

結局このニサルガ・ヨーガに行き着いたのは驚きだ。
ニサルガダッタ・マハラジはあまりにクール。
そのため当初は冷徹な印象を受けたものである。
でも実はそれが本当の慈悲であり愛だった。
愛は神であり、神は愛である。
ゆえに愛はパラドックスである。


肴はとくにこだわらず厳選情報

HPランキング参加中!

凡人たちにも本物のスピリチュアルを!

ワンクリック運動に参加しませんか?

ブッダの瞑想法―ヴィパッサナー瞑想の理論と実践

坐禅入門の決定版!

心の欠陥を克服する唯一最善の方法は坐禅・瞑想を実践することです。そして、この本以上の坐禅・瞑想の入門書を私は知りません。

実修 真言宗のお経

真言は法蔵の扉を開く!

空海の言ったことはホントかウソか? 実践してみればわかること。

わが家の宗教 臨済宗

毎日唱えたいお経CD

大乗経典の要諦を示した『菩薩願行文』 坐禅の真髄を説いた『坐禅和讃』 気の通りをよくする『延命十句観音経』。附録CDの充実した一冊。

5つのチベット体操-若さの泉・決定版

これはエクササイズの革命だ!

たった5つの体操を毎日続けるだけで体調は良くなるわ、痩せるわで驚きの効果が・・・!?食事に関するアドバイスも実に簡潔で的を得たもの。これはエクササイズの革命だ!

決定版 真向法

チベット体操と併せてどうぞ。

たった4つの体操を毎日続けるだけで怪我を予防するための柔軟な筋肉を作れます。チベット体操と併せてどうぞ。

魂をゆさぶる禅の名言

何にもならない坐禅はやめよう!

坐禅は単なる心の慰めではありません。坐禅を人生に役立てるための智慧がここにあります。救いのある仏教の入門書。