トップ写真 ゆんフリー写真素材集
Contents menu
Google Search
Google
Web サイト内
関連記事リスト

News(肴のお知らせ)

News(肴のお知らせ)

News

肴はとくにこだわらずからの最新のお知らせです。


リリース2017.10作業中のお知らせ(2017-08-09)

HP『肴はとくにこだわらず』2017年10月リリースの作業中です。

BLOG『武禅ライフでいこう!』から記事を移植しています。 作業中は、唐突に閲覧できなくなる…などの不具合を生じる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

トピックスイメージ

リリース2016.11完了のお知らせ(2016-12-01)

HP『肴はとくにこだわらず』2016年11月リリースを完了しました。 2014年10月から2015年11月までの古いブログ記事およびコメントを編集して移植してあります。

今回編集した記事を書いたのは坐禅修行にともなう精神分裂症の問題に取り組みはじめた時期でした。

ボクはお世辞や謙遜みたいなものが苦手な性格に生まれついてしまったんだけど、そういうものは一般社会における潤滑油のような役割を持っていたりするので、とにかく生きづらくて仕方がなかった。 でも、そういうものは人格を抑圧してしまう原因ともなっていて、精神分裂症を発症する人たちというのは、まあ、お世辞や謙遜が得意な人たちだったりするようです。 いわゆる“嘘つき”ってやつ。 ボクなんかは、そういうのが平気な人種の存在自体を信じられないから、コメント欄なんかを読み返していると、かなりの確率でダマされちゃってるみたいだってわかってきた。 なんか悔しい、というか、悲しいよね。

でも、おかげでだいぶ免疫ついたかな。

で、坐禅修行にともなう精神分裂症患者の存在が発覚してきたのは2014年に入ってからなんだけど、彼らはどうやらまともに文章を読めないらしいのね。

「一体どこをどう読んだら、そういう解釈が成り立つのかね、君?」

というようなことを平然と書いてくる。 文字や言葉に託された意図を汲み取ることができないのね。 それが、いわゆる“コミュニケーション障害”というものらしい。 最初はそんな人がいるなんてとても信じられなかったから、ずいぶん当惑したものです。

そもそも坐禅修行というのは自我の最も嫌がることをしなければいけませんから、何か問題を抱えている相手に対しても、それをはっきり指摘してしまうと口論の火種になりかねないわけで、そこは婉曲な表現でやんわりと伝えたことをうまく汲み取って欲しいとおもうんです。 でも「ここまで言っておけばそのうち気づくだろう」という理屈がまったく通用しないのね。 オツム逝っちゃってるから。

そんなこともあって今回リリースした記事を書いた辺りから、人の抱えている自我の問題点をはっきり指摘するようになってきてるみたい。 おかげでかなりキワどい内容になってきてしまって、編集していて以前のような牧歌的な記事がだんだん懐かしくなってきてしまいました。

なんか…坐禅に興味持つ人たちって人生なめてるやつ多すぎじゃない?

坐るまえに、まず、まっすぐ生きることからはじめましょうよ。コミュニケーションから―人間関係の学びから逃げてはいけません。

そんなこんなで、次回リリースは来年。 死んでなければボクは40-42歳の大厄を抜けて43歳になってます。 どうなってることやら…。

トピックスイメージ

リリース2015.11完了のお知らせ(2015.11.20)

HP『肴はとくにこだわらず』2015年11月リリースを完了しました。 2014年9月頃までの古いブログ記事を移植してあります。

今回はコレといった目玉はないんですけど、あえて挙げてみるなら30代後半のライフワークとして書き続けてきた『ちょっとはマシな坐禅作法』が“ひとまず完成”といえる段階に至ったということになるでしょうか。 その続編となる『かなりキワどい坐禅作法』という作品の着想を2014年10月に得ているのですが、とりあえず現在の時点でその序章が完成していまして、その記事の移植は次回のリリース作業でのお楽しみとすることにいたしましょう。

さて、夢の中で経典の巻物一式を贈られ「よくそこまで修行した。増上慢に気をつけよ」という授記を頂戴(ちょうだい)したのが、昨年の2014年8月20日。 それから目まぐるしい心境の変化があったのですけれども、どんな文献に当たってもロクな解説を見つけられませんでした。 そのため、かなり迷走してしまい、その迷走ぶりがそのままブログの記事になってしまっていたようです。 今回のリリースはちょうどその時期に書いていた記事を移植の対象としています。 当時は週に一回更新するというペースを守っていたにもかかわらず、その時期の記事には内容らしい内容がほとんどなくて、今回は目玉のない実に寂しいリリースとなってしまいました。

今回リリースした記事の大半を書いた2014年というのは、私が40歳のほとんどを過ごした時期です。 2014年8月20日の授記の夢をみてから後、新たに読むべき経典を物色しなければ乗り越えられなかったような運命の試練が立て続けにやってきたことを考えますと、40歳には最も重要なターニングポイントがあったような気がしています。 いろいろ迷走しましたけれども、そのおかげで、41歳も後半に入った現在では次の課題がはっきり見えてきました。

新たに物色した経典群の中には『般若心経』なんてものもありまして、それを解説した和尚の本の中に、私の次の課題が書かれていたんです。

サンニャースの意味1

これは私の経験なのだが…

あなたがサンニャーシンになれるのは、もしサンニャースでなければ自殺しかないという地点まで来たときに限る。

サンニャースというのはこういう意味なのだ。

自分は生きている間にひとりの個人になるんだ! 自分は自分の生を自分なりに生きるんだ。 命令されたり支配されたりするのはごめんだ。 機械みたいに、ロボットみたいに機能するのはごめんだ。

(和尚『般若心経』P.184「第4話Q&A―自殺考」)


これは私の33歳の厄年における“ぷっつん体験”のテーマでした。 この覚悟を決めたときから私の置かれている環境自体が変わっていったのです。

そしておそらく、これが42歳の厄年に課せられている“ぷっつん体験”のテーマなのでしょう。

サンニャースの意味2

自分はどんな理想も持たないし、どんな目標(ゴール)も持たないことにする。 自分は瞬間の中に生きるんだ。 自分は瞬間瞬間に応じて生きるんだ。 自分は内発的でいよう。

そして、自分はそれに一切を賭ける!

(和尚『般若心経』P.184「第4話Q&A―自殺考」)


考えてみますと、このたび完成しました『ちょっとはマシな坐禅作法』を書きあげる作業自体が「どんな理想も持たないし、どんな目標(ゴール)も持たない」という書き方といいますか生きざまの訓練になっていて、特に近ごろは事前に草稿を書いてもイマイチまとまらないため、ほとんど一発勝負の綱渡り状態で書くようになってきました。

そうしますと、ときに読者の方から「つまらない」とか「難しい」などの注文を受けることもありまして、それでも「ミューズがこう書けと言ってるんだ。私だって知ったこっちゃないのである」などという無責任な不安定を楽しむようになってきますと、いよいよ“ひとつの賭け”に出られるような気がしてくるわけであります。

そんなわけで、次回は来年。 42歳の厄年に課せられている“ぷっつん体験”を乗り越えられた頃にリリース作業をしたいと思っているのです。

トピックスイメージ

リリース2014.7完了のお知らせ(14-07-10)

HP『肴はとくにこだわらず』2014年7月リリースを完了しました。

以前のリリース2013年5月頃までの古いブログ記事を移植してあります。

…『只管打坐』『身心脱落』を達成するまで更新はいたしません。

などと書いておきながら、あっさり前言を撤回して半年ちょっとでブログの更新を始めてしまったのは、成りゆきまかせの出たとこ勝負の人生観まる出しで、なんだかカッコ悪い。

けれども、前回リリースの頃に「あと一年くらいで『身心脱落』『只管打坐』の目処が立つ」なんて大見得を切って、現在、その通りになっていることを考えれば、 われながら「禅者としてのセンスはまんざらでもない」と独りごちてしまうのであります。やっぱり、これはウヌボレなのかしらん。

たぶん、HP『肴はとくにこだわらず』次期リリースは来2015年です。

トピックスイメージ

リリース2013.5完了のお知らせ(13-05-12)

HP『肴はとくにこだわらず』2013年5月リリースを完了しました。

以前のリリースが2011年7月ですから約2年ぶりの更新でしょうか。私も39歳です。

若い頃に財宝(たから)を獲らないようなやつは牛のように老いる。(法句経)

月日の経つのは本当にはやいもので、30代を無駄に過ごさずに済んだことは幸運なことでございました。 (かなり、キツかったけど…)

さて、この度のリリースの目玉は電脳山養心寺『ちょっとはマシな坐禅作法』の大量更新であります。 それから姉妹ブログ『武禅ライフでいこう!』のコメント欄で行われていたQ&Aも掲載しております。 みなさまの坐禅修行の参考にされて心の成長を遂げていただくことが、 そのまま管理人・布施仁悟の悦(よろこ)びでございます。 こんな心境に到れるとは損得勘定で行動していた20代の私にはとても考えられないことでありました。

次回リリースは未定。

それでは、ごきげんよう!

トピックスイメージ

2011年7月リリース完了!(11-07-22)

2011年も上半期をとっくに過ぎたところで、
ようやくHP『肴はとくにこだわらず』2011年7月リリースを完了できました。

新たに更新した記事には、newマーク(newマーク)を施してあります。

とはいえ一年ほど前に書いたブログの記事を改訂して転載しただけです。

一年くらい前から、少しは思ったとおりの文章を書けるようになってきまして、
流行のツイッターなんていうつまらんつぶやきよりはマシだろう、
なんて思っていたんですけど一年後に読んでみると自己嫌悪に陥るもんです。

これは自分の文章構成力が上がってしまったからなのか、
そもそも文才の欠如なのか、どうも判断つきかねるわけですが、
とにかく、来年あたりに読んだらまた自己嫌悪するんだろうなと思いながら、
できうる限りのベストを尽くして改訂をしたわけであります。

そうして「これでなんとか見せられる文章になったかな…」
なんて腕組みをしていると、新聞記者なんて売文業の人たちは、
毎日どんな気分で文章を書いているんだろうなんて思ったんです。

「所詮、ブログなんてものは駄文の垂れ流し」

と思っていた自分が信念を曲げて手軽さからブログをはじめてみますれば、
一週間くらいは文章が安定しないので、ああでもない、こうでもない、
とあれこれ手を加えたくなってしまう始末。

それを新聞記者は数時間で書き上げて、翌朝には印刷に付されて、
あげくに国会図書館では未来永劫保管されて恥を晒すことになるわけです。
そんな状況に身を置くなんて24時間自己嫌悪しても足りないでしょうから、
できれば読まないで欲しいと思っている記者もいるのではないでしょうか。

私のこうした自己嫌悪はいずれ極限に達するはずですから、
「ホームページもブログも閉鎖して消えてしまいたい…」
なんて思うことも、きっとあるでしょう。

というわけで…

刹那の輝きを放つべくHP『肴はとくにこだわらず』をリリースしたいと思います。

しかし一発で据わりの良い文章を書ける幸運に一度は巡り合ってみたいものです。

そんなだから『肴はとくにこだわらず』次期リリースは2012年上半期になるかな?
(もしかしたら閉鎖してるかもね…)
ではでわ。

トピックスイメージ

2011年1月リリース完了!(11-01-01)

お待たせしました。『肴はとくにこだわらず』2011年1月リリース完了です。

新たに更新した記事には、newマーク(newマーク)を施してあります。

さて、残念ながら2010年も見性すらできませんでした。

ただし、氣感が備わってから約3年。
遅々として進まなかった悟境も少し進歩して体軸を感じるようになりました。

おかげで 『電脳山・養心寺』の「ちょっとはマシな坐禅作法」の
本格的な執筆をブログ上で展開できるようになったわけであります。

一方、やっと禅の正門の入口に立ったことで、
多少気後れしたこともあり、更新も一時途絶えてしまった2010年。

なんとも一年ぶりのHP更新となりましたので、
穴埋めの意味を込めてリンク集を少し更新しました。
坐禅修行に役立つサイトを集めてみましたのでご覧ください。
早い話。他人の褌を借りようという姑息な魂胆であります。

ともかく、2011年も真理を曲解させる葬式仏教を断固、峻拒してまいります。

葬式仏教の僧侶や結婚教会の牧師を血祭りにあげ、
無智な政治家やチョコザイな役人の横っ面を張り倒す
『肴はとくにこだわらず』を2011年も何とぞよろしく。
----いいのかね。毎年こんなこと書いてて…。

『肴はとくにこだわらず』次期リリースは2011年04月を予定しています。
(あくまでも予定ということで…)
ではでわ。

トピックスイメージ

2010年1月リリース完了!(10-01-01)

お待たせしました。『肴はとくにこだわらず』2010年1月リリース完了です。

新たに更新した記事には、newマーク(newマーク)を施してあります。
記事数は少ないですけれど記事の質を重視しているつもりです。

残念ながら2009年も見性すらできませんでした。

氣感が備わってから約2年。
坐禅の深化を客観的に確認できるようになったのはいいのですが、
遅々として進まない悟境に苛立ちや不安を感じながら坐っています。

さて、 『電脳山・養心寺』の「ちょっとはマシな坐禅作法」について、
他の記事に比べて歯切れの悪いことは分かっています。

ただし「氣感の育成行法」等のちょっとはマシな坐禅の要術の公開は、
やはり、少なくとも見性体験を経てからの方が適切だおもうのです。

とは言え「涅槃にも段階を設けてある」と記述してある
妙法蓮華経の真意は氣感が備わってはじめて理解できます。
真理を曲解させる葬式仏教は、断固、峻拒(しゅんきょ)するべきでしょう。

そこで、とりあえず葬式仏教の僧侶や結婚教会の牧師を血祭りにあげ、
無智な政治家やチョコザイな役人の横っ面を張り倒すことを
2010年のライフワークとして記事を更新していく所存です。

より過激に変化を遂げる『肴はとくにこだわらず』を今年もよろしく。
----いいのかね。こんなこと書いてて…。

『肴はとくにこだわらず』次期リリースは2010年05月を予定しています。
ではでわ。

トピックスイメージ

2009年10月リリース完了!(09-10-01)

お待たせしました。『肴はとくにこだわらず』2009年10月リリース完了です。

新たに更新した記事には、newマーク(newマーク)を施してあります。
記事数は少ないですけれど記事の質を重視しているつもりです。

先日、私・布施仁悟の坐禅にも新たな展開がありました。
妙法蓮華経化城喩品第七には「涅槃にも段階を設けてある」とあります。
まさに経典の記述通りの展開に触れる度に、
己の信心も確固不動のものとせずにはいられませんね。

とは言え、いまだ見性もしていない身ですから、
増上慢に落ちることなく坐禅を行じ続けたいと思っています。

『肴はとくにこだわらず』次期リリースは2010年01月を予定しています。
ではでわ。

トピックスイメージ

2009年7月リリース完了!(09-07-01)

お待たせしました。『肴はとくにこだわらず』2009年7月リリース完了です。

このたび、 電脳山・養心寺 を開山できることを悦ばしくおもいます。

これで、『肴はとくにこだわらず』の全コンテンツを 公開したことになります。

次期09年10月リリースからは、 各コンテンツをさらに充実させます。
ではでわ。

トピックスイメージ

2009年4月リリース完了!(09-04-04)

お待たせしました。『肴はとくにこだわらず』2009年4月リリース完了です。

このたび、仁悟のホビールームの記事 「できる受験生できない受験生」
を完成・公開できることを悦ばしくおもいます。

現在、
「仁悟のホビールーム」の全コンテンツ。
「北海道発。おかめの懸賞情報!」の全コンテンツ。
が完成しております。

「電脳山 養心寺」については、次期09年7月リリースで完成予定です。
ではでわ。

トピックスイメージ

相互リンクしました。(09-01-21)

相互リンクしていただきました。

かめこのホームページ』さんです。

おかめが、懸賞を始めた頃からチェックさせてもらってる懸賞サイトです。
当選もすごいし、情報交換のコミュニティとしてもすごいホームページです。

この度は、おかめのたっての希望で相互リンクを依頼し快く引き受けてくださいました。 管理人の「かめこさん」どうもありがとうございます。

当サイト『肴はとくにこだわらず』と相互リンクご希望の方は、
『お問合わせ』からご連絡いただければメールでお返事さしあげます。
電話番号は必須入力となっていますが、電話での連絡は基本的にいたしませんので、適当な番号を入力しておいてください。

また、相互リンクにあたっての用件等はこちらでご確認ください。
用件を満たさないサイト様については、リンクを見送らせていただくこともございますのでご了承ください。

トピックスイメージ

掲示板設置しました。(09-01-14)

『肴はとくにこだわらず』プチリリースしました。

掲示板を設置してしまったんです。
当初は、情報発信のみを貫こうとしたのですが、
リニューアルに便乗してきた「おかめ」の意向により、
掲示板を作成することになりました。
いざ、作ってみると私の坐禅コンテンツにも欲しくなって、
ついに掲示板を設置してしまったのです。
以下、URLを示しておきます。
布施仁悟の掲示板:仁悟の坐禅相談室『お悩み解決!』
おかめの掲示板:おかめの懸賞掲示板『クチコミュ』
今回は、正直しんどかった・・・。

『肴はとくにこだわらず』次期リリースは09年4月を予定しています。

トピックスイメージ

ブログ始めました。(09-01-02)

『肴はとくにこだわらず』プチリリースしました。

禁断のブログを始めてしまったんです。
ブログ形式での情報発信というのは、 駄文の垂れ流しのようで、どうも好きではなかったのですが・・・。
日記モジュールを新たに作成するよりもと、 ついにブログを作成することにしました。
以下、URLを示しておきます。
布施仁悟のブログ:坐禅ライフでいこう!
おかめのブログ:懸賞ライフをエンジョイ!

『肴はとくにこだわらず』次期リリースは09年4月を予定しています。

トピックスイメージ

おかめサイトの復活です!!(08-12-27)

こんばんは。おかめで〜す。

布施仁悟の役立ち情報発信サイト『肴はとくにこだわらず』がリニューアルされ、それに便乗して長らく休眠していた懸賞コンテンツを再開したいと思います。おかめサイトの復活です〜。

仁悟に新たな懸賞情報UPツールを作ってもらい、ズクなしおかめもバンバン懸賞情報をUPする気になりましたんで、ぜひ『北海道発。おかめの特選懸賞情報!』チェックして観てください。

「応募しなくちゃ始まらない。」高額もの。「これ当たるっしょ!」の穴もの。「やっぱりお金!」な金券もの。「もらってうれしい日用品」なお助けもの。「届いて快感!」な多数当選もの。「定期開催」などカテゴリーも充実!締切順の観やすい懸賞情報コンテンツになっています〜。

三日坊主にならないようにしなくっちゃね。
「北海道発。おかめの特選懸賞情報!」 懸賞情報は、随時、UPしてゆきますのでお楽しみに〜。

トピックスイメージ

リニューアル完了!(08-12-27)

お待たせしました。『肴はとくにこだわらず』リニューアル完了です。

このたび、布施仁悟の役立ち情報発信サイト『肴はとくにこだわらず』を、 リニューアルし公開できることを悦ばしくおもいます。

坐禅にて己の心を省みること30数年分。
やっと己の本心に適う文章を書くことができるようになりました。
これも全て坐禅のおかげ、仏の慈悲と心得て、 以降は、世俗のみなさんの心の成長に役立つ記事を書き続けたいとおもっています。

現在、
仁悟のホビールーム 「できる受験生できない受験生」の第一章。
「北海道発。おかめの懸賞情報!」の全コンテンツ。
が完成しております。

他の記事は、執筆次第、更新してゆくこととなりますのでご理解いただきたいとおもいます。
ちなみに、「できる受験生できない受験生」第二章「効率的効果的学習法」は、
次期リリース09年4月版で公開予定です。

ではでわ。

トピックスイメージ
肴はとくにこだわらず厳選情報