トップ写真 ゆんフリー写真素材集
Contents menu
Google Search
Google
Web サイト内
関連記事リスト

お盆の定番

たしなみ倶楽部 お盆の定番

たしなみ倶楽部

おやきはお盆の主食たりえるか?


認定「とうもろこしのゆでたの」

お盆の風情を支える食べ物とは?
トピックスイメージ

そろそろお盆である。

お彼岸と言えば、おはぎ(ぼたもち)が定番だけれど、
お盆の定番と言えば何かしらなんて考えてみた。

個人的には北海道のとうもろこしが旬を迎える時期なので
「とうもろこしのゆでたの」がお盆の定番にふさわしいとおもう。

それは演劇の黒子のように、
北海道のお盆の風情を陰で支えていたような気がするのだ。

そこで、連れの“おかめ”にもちょっと訊(き)いてみると、
開口一番、「お盆はおやきでしょ」と答えた。
おやきはお盆の主食とまで言い切る。

北海道でおやきといえば、あんこやカスタードクリームの入ったもので、
全国的に“今川焼き”、“大判焼き”と呼ばれているものである。
とても主食にするなど考えられない代物だ。

ところが信州・北信濃出身のおかめにとっては、
おやきは、あんこに限らず、茄子と甘みそを合わせたものや、
切干大根、野沢菜なんかを入れる各家庭で微妙にレシピの違うものらしい。

お盆の時期には堂々と仏前に供えられ、
挨拶周りに振る舞いあって食べ比べをするそうだ。

たぶん今年も、おやきが信州・北信濃のお盆の風情を支えるのだろう。

とはいえ、お盆の定番におやきというのは、どうも私の感覚になじまない。
店前の移動店舗で販売されるジャンクフードなイメージが強すぎるため、
まるで仏前にアボカドバーガーを供えるようで決まりの悪い感じがするのだ。

これは習いぐせで仕方がないらしいので、
やっぱり「とうもろこしのゆでたの」をお盆の定番に認定することにした。


肴はとくにこだわらず厳選情報