トップ写真 ゆんフリー写真素材集

【第十三話】紫陽花の咲く頃

閑雲野鶴 紫陽花の咲く頃

Presented by

若いうちはいろいろ読んでおいたほうがいい


紫陽花の咲く季節といえば…


「今度ね、友だちと鎌倉に紫陽花(あじさい)を見に行くことにしてるの」

大学時代の彼女と別れ話をしたとき、そんな話をしていたのを覚えている。 ボクの記憶の中では、その言葉と梅雨に入る直前の新宿の青空の映像が重なっているから、あれは五月下旬から六月上旬くらいのことだったろうか。

矢印マーク TAO 永遠の大河2〜OSHO老子を語る〜

必要なのは真っ直ぐ生きることだけだ
ほかには何もいらない
それが道なのさ


大学時代にアルバイト先の出版社の社長から、こんな風に言われたことがある。

「若いうちはいろいろ読んでおいたほうがいい。そのときはわからなくても、何を言っているのかわかるときが来るから」

その頃、矢沢永吉の『成りあがり』ばかりを20回リフレインで読んでいて、他の本にはほとんど興味を持っていなかったから、この言葉にはずいぶん感銘を受けた。 けれども何から読んだらいいのかわからなかったというのが正直なところで、おかげで大学時代に熱心に本を読んだとは言い切れなくて、社長には申し訳ない気もしている。

そんな大学生のボクが熱中して読み込んだのは井上陽水の歌集だった。

生と詩


もし生の中にはいり込んでゆけば、あなたはそこに過去のあらゆる詩人たちによって書かれたすべての詩を目にすることができる。

あなたはカーリダーサやパワブーティを見出すこともできる。 シェークスピアやミルトンを見出すこともできる。 シェリーやバイロンを見出すこともできる。

もしあなたが生の中に足を踏み入れたならば、かつて書かれたあらゆる詩が、どこかしらに生きているのを、どこかしらに生育しているのを、どこかしらに花開いているのを見出すことができる。

和尚『TAO 永遠の大河2』-P.111「第3話 論争の空しさについて」


たしかに和尚の言うとおりで、生の中に足を踏み入れたら、人生のいたるところに井上陽水が花開いていた。 もしかすると大学時代にシェークスピアやミルトンやシェリーやバイロンを読んでおけば、人生がもっと面白くなっていたのかもしれない。 ちょっと損した気分である。

「若いうちはいろいろ読んでおいたほうがいい。 そのときはわからなくても、何を言っているのかわかるときが来るから」

この社長の箴言は真実だ。 自分の人生に井上陽水の足跡を見つけることはボクのひとつの喜びだったし、つまるところ、それが経典や聖典の正しい読み方でもあるとおもう。 自分の人生に釈迦やイエスやソクラテスの足跡を見つけるということが。

矢印マーク UNDER THE SUN

1993年―井上陽水45歳のアルバム
『5月の別れ』収録


そして『5月の別れ』はボクが自分の人生に見つけた井上陽水のひとつだ。

風の言葉に諭されながら
別れゆく二人が五月を歩く
木々の若葉は強がりだから
風の行く流れに逆らうばかり

鐘が鳴り花束が目の前で咲きほこり
残された青空が夢をひとつだけ
あなたに叶えてくれる

(井上陽水『5月の別れ』より)

こういう言い方は一般的には嫌われるのかもしれないけれど、ぷっつんレディの交代劇は駅のホームで普通列車から特急列車に乗り換えるようなものだ。 そのまま普通列車に乗り続けるのか、それとも特急列車に乗り換えるのか。 二者択一を迫られる。

で、新しいぷっつんレディに出会うのは決まって八月。 それからどちらにするのか悩んで迷うための猶予期間が半年間―すなわち翌年の二月まで設けられていて、その選択の結果を体験するのが五月下旬から六月上旬。 そういうことが、どういうわけか決まっているらしい。

そう、正しい別れの季節は5月なのだ。

来月また『5月の別れ』がやってくる。 そしてまた鎌倉の紫陽花が咲く。

(2017.4)

赤雲水

肴はとくにこだわらず厳選情報

HPランキング参加中!

凡人たちにも本物のスピリチュアルを!

ワンクリック運動に参加しませんか?

ブッダの瞑想法―ヴィパッサナー瞑想の理論と実践

坐禅入門の決定版!

心の欠陥を克服する唯一最善の方法は坐禅・瞑想を実践することです。そして、この本以上の坐禅・瞑想の入門書を私は知りません。

5つのチベット体操-若さの泉・決定版

これはエクササイズの革命だ!

たった5つの体操を毎日続けるだけで体調は良くなるわ、痩せるわで驚きの効果が・・・!?食事に関するアドバイスも実に簡潔で的を得たもの。これはエクササイズの革命だ!

決定版 真向法

チベット体操と併せてどうぞ。

たった4つの体操を毎日続けるだけで怪我を予防するための柔軟な筋肉を作れます。チベット体操と併せてどうぞ。

魂をゆさぶる禅の名言

何にもならない坐禅はやめよう!

坐禅は単なる心の慰めではありません。坐禅を人生に役立てるための智慧がここにあります。救いのある仏教の入門書。